中国公安辺防海警部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国公安辺防海警部隊(ちゅうごくこうあんへんぼうかいけいぶたい、英語: China Coast Guard)は、2013年3月まで中華人民共和国沿岸警備を担当していた準軍事組織中国人民武装警察部隊の一部門であり、公安部辺防管理局(公安部四局)の管轄する辺防部隊に属していた。

2013年3月に国家機関の機構改革が決定され、沿岸警備、海洋資源管理、漁業管理、税関業務に関わる公船や航空機の運用は、公安部の指導を受ける国家海洋局(中国海警局)が一元的に行うことになった(中華人民共和国の海上保安機関を参照)。

主な運用艦艇
隻数 # 船級 トン数 速力 兵装 搭載機 進水
1 1001 718型 1617 n/a 37mm機関砲×1門 ヘリ甲板のみ 2006
2 1002,1003 728型
(旧海軍 053H型フリゲート)
1662 26 37mm機関砲×1門,
14.5mm機銃×2~4挺
0 1977
19 多数 618型 650 25.6 37mm機関砲×1門 or 30mm機関砲×1門 0 2009

2013年3月までの組織と任務[編集]

公安部辺防局が管轄する、武装警察の一種。略称は「中国海警」とされ、艦船にもこの略称が表示されている。ただし、実際は、各省市の辺防総隊に海警の各部隊が設けられているに過ぎず、「中国海警」としてのまとまった組織はなかった。各地の部隊は合計で20あった[1]

  1. 福建辺防総隊海警一支隊(福州
  2. 同二支隊(泉州
  3. 同三支隊(アモイ
  4. 広東辺防総隊海警一支隊(広州
  5. 同二支隊(汕頭
  6. 同三支隊(湛江
  7. 遼寧辺防総隊海警一支隊(大連
  8. 同二支隊(丹東
  9. 山東辺防総隊海警一支隊(威海
  10. 同二支隊(青島
  11. 浙江辺防総隊海警一支隊(台州
  12. 同二支隊(寧波
  13. 海南辺防総隊海警一支隊(海口
  14. 同二支隊(三亜
  15. 広西辺防総隊海警一支隊(北海
  16. 二支隊(防城港
  17. 河北辺防総隊海警支隊(秦皇島
  18. 江蘇辺防総隊海警支隊(太倉
  19. 天津辺防総隊海警支隊
  20. 上海辺防総隊海警支隊
  21. 公安海警学院

隊員の制服は迷彩色で戦闘服と同じ。従来は船体色が海軍と同じ濃い灰色であったが[2]、近年は白地に青線を引いたデザインを採用しつつあった[1](一部は、全くの白地もあり、デザインの統一が進んでいなかった。)

参考資料[編集]

  1. ^ 「海警部队新外观标识船艇亮相浙江台州(组图)」中国国际广播电台国际在线版

関連項目[編集]

  1. 沿岸警備隊
  2. 中国人民武装警察部隊
  3. 中国人民解放軍