中国人富裕層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

年収200万元(約2900万円)以上の中国人を指す。 投資可能な資産が1000万元(約1億3000万円)以上ある中国人。

概況[編集]

富裕層(ふゆうそう)とは、セグメンテーションのひとつであり、一定以上の経済力購買力を有する世帯を指し示す。

日本では世帯年収2,000万円から3,000万円以上、金融資産1億円以上などとして定義されることが多い[1]。中国における富裕層の定義は、マッキンゼー・アンド・カンパニーが2009年に行った調査によると、年収200万元(約2900万円)以上としている。同調査によれば、現在中国では年率15%の勢いで、富裕層が増加しており、2015年までには400万世帯を超え、富裕層の数で米国日本英国に次ぐ世界第4位に浮上するという。また、中国人富裕層は若年層が多く、45歳以下が80%を占めている。[2]

中国において2008年に投資可能な資産が1000万元(約1億2千万円)以上ある富裕層は約30万人おり、投資可能な資産の総額は8兆8000億元に上る。一方、招商銀行ベイン・アンド・カンパニーが発表した「2009年 中国個人財産報告」によると、2009年末までに、1000万元以上の投資可能資産がある個人は、前年同期比6%増の32万人になり、投資可能資産額も前年同期比7%増の9兆元を超えるとしている。[3]

地域別[編集]

 「2009年 中国個人財産報告」によると、2008年に中国大陸で1億元の投資可能資産を持つ人は約1万人で、広東省上海市北京市江蘇省浙江省の5つ地方では、 1000万元以上の資産がある人は2万人を超えている。1位は広東省で全国の15%を占める4万6000人、2位は上海、3位は北京となっている。[4]

世界長者番付[編集]

  2010年版の世界長者番付(米誌フォーブス)では、番付にランキングされた富豪の4割に当たる403人がアメリカ人だったが、中国が初めてロシアを抜き2位になり、09年の28人から62人まで増加した。また、世界女性富豪トップ10の半分が中国人だった。中国の第1位は飲料メーカー最大手、ワハハWahaha娃哈哈)集団の会長宗慶後氏で、70億ドル(約6300億円)の資産で第103位だった。以下、希望グループの劉永行会長(154位)、蘇寧電器張近東会長(176位)、BYD王伝福会長が後に続いた。[5]

 「世界の若手富豪ランキング」トップ10に、中国大陸から不動産企業である碧桂園楊国強氏会長の娘である楊恵妍氏と山西省の海●鋼鉄グループ会長・李兆会氏の2名がランクイン。(●は品の「口」を「金」に)[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]