中国の五カ年計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中華人民共和国ではソビエト連邦に倣って五カ年計画が導入され、現在も実施されている。

1953年に最初の五カ年計画が始められ、1958年から第二次五カ年計画期になったが、同時期の大躍進の影響により有名無実化し、第三次五カ年計画の開始は3年遅れの1966年になった。その後は形式的には継続されていくが、1966年に文化大革命が始まったのをはじめ、政治的な混乱が1970年代後半まで続いたため、実質的に意味を持つようになったのは1981年からの第六次以降とされる。

2000年代に入って実施され、既に終了した五カ年計画には、2001年から2005年までの第十次五カ年計画と、2006年から2010年までの第十一次五カ年計画があり、現在は第十二次五カ年計画期である。

鞍山市は鋼都として鞍山市政府は2000年に五カ年計画で、鞍山を鉄の街から現代的な工業都市および観光都市へと変貌させる。黄海製鉄所は1954年6月の平炉復旧を皮切りとして1950年代後半の五カ年計画期に再建が進められ、1960年代に設備が増設された。 夏商周年表プロジェクトは第九次五カ年計画のプロジェクトの1つである。

京秦線盧竜県を経て秦皇島市に至る路線で、中国第六次五カ年計画の重点建設頂目の一つであった。満州里市2002年の第十次五カ年計画で、深圳と共に優先発展陸運交易拠点とした。第9次五カ年計画(1996年-2000年)では中華人民共和国の高速鉄道1995年李鵬首相が計画の準備を盛り込んでいた。

中央政策組積極的不介入として外の有識者や中国政府高官などを招聘して第十一次五カ年計画(十一五計画)と香港の発展と題した「経済サミット」を開催している。他に第十次五カ年計画など。第十一次五カ年計画では環境問題についても目標指標に盛り込んでいる。

各次五カ年計画[編集]