中二子古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中二子古墳
Nakafutago-kofun 4.jpg
位置 北緯36度23分14.3秒
東経139度11分41.3秒
座標: 北緯36度23分14.3秒 東経139度11分41.3秒
所在地 群馬県前橋市西大室町2545
形状 前方後円墳
規模 全長111m、後円部径66m、高さ15m、前方部幅79m
築造年代 6世紀前半
埋葬施設 未確認
出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器
史跡指定 国の史跡
テンプレートを表示

中二子古墳(なかふたごこふん)は、群馬県前橋市西大室町にある古墳大室古墳群の一つ。

墳丘長111メートルを測る大室古墳群最大の前方後円墳で、主軸を北東89°に向けている。墳丘は2段構築となっている。墳丘の一部は地山を削り出して造成され、また墳丘全面と北側の中堤内側と南側の中堤外側に葺き石が施されている。墳丘の周囲は盾型で二重のが巡らされ、北側と西側の内堀・外堀にはわたりが設けられている。堀を入れた長さは170メートルに達する。

前二子古墳のすぐ南側に前二子古墳が隣接している。墳丘北側からは墳丘の盛り土を採取したくぼみが発見された。 明治11年3月に前二子古墳と後二子古墳の石室が発見・開口された際、中二子古墳でも石室の探索が行われたが、発見には至らなかった。

出土品[編集]

中堤・墳丘テラス・墳頂に埴輪が樹立されていたとみられ、その数はおよそ3000本と推定されている。円筒埴輪と盾持ち人・鞆・太刀・ゆき・さしばなどの形象埴輪が確認されているが、その配置はかなり偏っており、北側の中堤からは形象埴輪は出土せず、人面付円筒埴輪1のみが発見された。このことから中二子古墳は南側から眺めるようにつくられたと考えられる。

中二子古墳の埴輪の胎土からは海綿骨針化石と結晶片岩砂粒が検出されており、このことから群馬県藤岡地域の窯(おそらく本郷埴輪窯址群)で生産されたとみられている。

参考文献[編集]

  • 前原豊 『東国大豪族の威勢・大室古墳群〔群馬〕』 シリーズ「遺跡を学ぶ」063、新泉社、2009年

関連項目[編集]