中の島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中の島駅
1番出入口(2012年5月)
1番出入口(2012年5月)
なかのしま - Nakanoshima
N10 幌平橋 (0.5km)
(0.7km) 平岸 N12
所在地 札幌市豊平区中の島1条1丁目
駅番号 N11
所属事業者 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄南北線
キロ程 8.3km(麻生駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
5,823人/日(降車客含まず)
-2013年度-
開業年月日 1971年(昭和46年)12月16日
改札口と2番ホーム(大通・さっぽろ・麻生方面)

中の島駅(なかのしまえき)は、北海道札幌市豊平区中の島1条1丁目にある札幌市営地下鉄南北線である。駅番号はN11

駅構造[編集]

のりば
1 南北線 平岸真駒内方面
2 南北線 大通さっぽろ麻生方面

対向式2面2線ホームの地下駅。ホームに改札が直結するタイプの駅のため、コンコースはない。 白石中の島通の下に位置し、出口はこの通りと中の島通との交差点にある。
エレベーターは北側(2番ホーム側)に先に設置され、2011年7月に南側(1番ホーム側)にも設置された。それぞれ通常の出口とは道路を挟んでいるが、エレベーター出口の扱いはそれぞれ「1番出口」「2番出口」となっており、エレベーター出口が番号つきの扱いになっていない平岸駅とは対応が異なっている。身障者用トイレは2番出口側にある。[1]

札幌市営地下鉄の改札直結駅では唯一、2番ホーム側に駅事務室がある。
改札及び出口はいずれもホームの麻生寄りにあり、改札内に両方のホームを連絡する通路がある。

駅周辺[編集]

豊平川精進川に挟まれた中州である「中の島」地区の北にあり、西に豊平川にかかる幌平橋がある。駅周辺には中高層の住宅のほか、商店やオフィス、宗教施設、学術・研究機関などがあり、開拓以来のりんご園も残る。また、ラブホテルが多く見られるのも特徴であったが、近年は減少傾向にある。

利用状況[編集]

札幌市交通局によれば、2013年度の一日平均乗車人員は5,823人。これは南北線の駅では4番目に少ない。

バス路線[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

 札幌市営地下鉄
南北線
幌平橋駅 (N10) - 中の島駅 (N11) - 平岸駅 (N12)

備考[編集]

  1. ^ 札幌市交通局では地下鉄駅すべてにエレベーターを設置する方針をとっていたが、南北線中の島駅については南側、東西線東札幌駅については東側のエレベータの設置用地取得が長らく難しい状況であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]