丘さとみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おか さとみ
丘 さとみ
本名 菱田 美恵子(ひしだ みえこ)
生年月日 1935年9月15日(79歳)
出生地 兵庫県宝塚市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1955年 -
主な作品
映画
『旗本退屈男シリーズ』
受賞
ミス・シンデレラ(1953年)

丘 さとみ(おか さとみ、1935年9月15日 - )は、日本女優兵庫県宝塚市出身。本名は菱田 美恵子(ひしだ みえこ)。

来歴[編集]

1953年3月、尼崎市立尼崎高等学校在学中にディズニー映画『シンデレラ(シンデレラ姫)』の日本公開を記念して行われたRKOラヂオ映画社毎日新聞社主催の「日本シンデレラ姫コンテスト」に応募し、ミス・シンデレラの栄冠に輝く。その副賞で1953年3月20日から4月4日まで渡米し、ディズニー撮影所や女優・アン・ブライスの自宅などを訪問したり、ケーリー・グラントとの2度に亘る会食やソニア・ヘニーアイスショー観覧といったハリウッド見学に招待されている[注釈 1]

1954年に尼崎市立尼崎高等学校を卒業後にRKOラヂオ映画社日本支社に就職。RKOラヂオ映画社日本支社関西支社で支社長の秘書として配属される。しかし、東映にスカウトされて、1955年東映ニューフェイス第2期生として東映に入社して芸能界へ転身した。同期には高倉健今井健二五味龍太郎らがいる。芸名を丘 さとみにして同年の映画『御存知怪傑黒頭巾・新選組追撃』でデビュー。以降、東映時代劇で大活躍し「東映城のお姫さま」と呼ばれていた。引退までの10年間で約150本もの映画に出演。

1962年東映を退社してフリーになり、映画出演も続けながらテレビドラマに主な活躍の場を移す。ドラマでは映画とは違い現代劇を中心に活躍。

1965年、在米日系人2世の男性と結婚し、引退。3子をもうけるが、1975年に別居して女優に復帰する(後に離婚)。女優復帰後は演劇にも進出して活躍中。

2010年10月16日T・ジョイ京都で開催された「巨匠・内田吐夢 名優・月形龍之介 東映時代劇傑作選(その一) 内田吐夢、月形龍之介没後40年回顧」のトークショーに出演した。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

参考文献[編集]

  • 「丘さとみ 東映のお姫様」(さとみ倶楽部/編、ワイズ出版

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 当時はまだ女優デビュー前で、本名の菱田 美恵子で紹介されている[1]
出典
  1. ^ 菱田美恵子『夢の様なハリウッド見学』「映画の友」 1953年7月号。