世界税関機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界税関機構本部

世界税関機構(せかいぜいかんきこう、World Customs Organization、WCO)は、1952年に設立された関税制度の調和と簡易化を図る国際機関である。条約上の正式名称は関税協力理事会(Customs Co-operation Council、CCC)であるが、1994年6月以降は世界税関機構(WCO)をワーキングネームとして使用している。本部はベルギーブリュッセル。事務局長は御厨邦雄

概要[編集]

1950年12月15日に作成された関税協力理事会を設立する条約に基づき、同条約が発効した1952年11月4日に加盟国17ヵ国により設立。1953年1月26日、第1回総会が開催された(そのため、1月26日は国際税関記念日となった)。2010年10月現在の加盟国・地域は177。日本1964年に加盟している。職員数は133名(うち日本人は13名)。

機構及び事務局[編集]

最高意思決定機関として総会(年次総会は毎年6月)が設けられており、加盟国の税関当局の最高責任者によって構成されている。総会の下には、政策委員会(日本を含む29ヵ国で構成)、財政委員会(日本を含む17ヵ国で構成)、各技術委員会などが置かれている。 事務局では、局長(現在は御厨邦雄)、次長(現在はセルヒオ・ムヒカチリ出身)の下に、関税・貿易局、監視・手続局、キャパシティビルディング局という部局が置かれている。

活動[編集]

外部リンク[編集]