世界ジュニアスピードスケート選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界ジュニアスピードスケート選手権大会(せかい- せんしゅけんたいかい)は、一年に一度開催されるスピードスケート世界ジュニア選手権大会である。第1回は1972年。最初の2大会はISUジュニアスピードスケート選手権大会であったが、1974年から世界選手権として開催されるようになった。

大会はオールラウンドで行われ、男子は500m・1500m・3000m・5000m、女子は500m・1000m・1500m・3000mのそれぞれ4種目を滑り、タイムを得点に換算した合計ポイントで総合順位を争う。その場合の得点は、500mがタイムそのまま、それ以外の距離ではタイムを500mに換算(たとえば5000mならばタイム÷10)したものとなり、合計ポイントが少ない者が上位となる。

歴代日本人総合優勝者[編集]