世界で一番笑えるジョーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界で一番笑えるジョーク(せかいでいちばんわらえるジョーク、World's funniest joke)は、イギリスウェブサイト『ラフラボ』(Laugh Lab)が2002年に発表したジョーク

概要[編集]

ハートフォードシャー大学(University of Hertfordshire)の心理学リチャード・ワイズマン博士らのユーモアの社会文化的研究の一環で、英国科学振興協会British Association for the Advancement of Science)がスポンサーとなり、2001年に70ヵ国から40,000通ものジョークの応募を募り、これに対し、2,000,000人がインターネット上で採点投票を行った。(ウェブサイトの訪問者に自分が好きなジョークをエントリーしてもらい、同時に他のジョークを5段階方式の人気投票にかけた。)

この調査の目的は、異なる文化、人種、国や地域の広い範囲で理解されうるジョークを発見することであった。

この結果、ユーモアのセンスは国や地域ではっきりした差異があることが分かった。イギリス、アイルランドオーストラリアなどではシャレなどの言葉遊びが、アメリカカナダでは他人の愚かな振る舞いが、ヨーロッパの多くの国では現実離れしたホラ話が好まれていた。

第一位[編集]

第一位はイングランドマンチェスター精神科医ガーパル・ゴゾール (Gurpal Gosall) の作品であった。

狩りに出たニュージャージー州の2人のハンターが森を歩いていたところ、一人がから落ち地面に倒れてしまった。彼は呼吸している様子もなく、白目を剥いていた。もう一人は携帯電話で救急隊に電話をかけ、『友人が死んでしまった! どうすればいい?』と聞いた。

オペレーターは落ち着いた様子で「安心して下さい。助けますから。まず、本当に死んでるかどうか確かめてくださいMake sure he is dead)。」

一瞬の静寂後、バン!

オペレーターの耳に1発の銃声が響いた。


やったよ! それで、どうすればいい?」というハンターの声が。

("Make sure he is dead."は「本当に死んでいるかどうか確かめて下さい」「確実に殺せ」との二様に解釈できる。オペレーターは前者の意味で発言したが、ハンターには倒した獲物の頭にとどめの一発を打ち込む習慣があるため、後者の意味に解釈してしまったものである。)

【原文】

There are two hunters out in the woods. And one of them falls to the ground. He doesn’t seem to be breathing and his eyes are rolled back in his head. The other hunter calls the emergency services. And he says to the operator. “”My friend is dead! What can I do? ”” The operator says in a calm voice,”Take it easy. I can help. First, let’s make sure he is dead. ” There is a silence then a shot is heard! The hunter’s voice comes back on the line and he says, “”OK. Now what.””

第二位[編集]

第二位はイングランド、ブラックプールのジェフ・アナンダッパ (Geoff Anandappa) によるもの。

シャーロック・ホームズワトソン博士キャンプに出かけた。二人は星空の下、テントを張って眠りについた。

まだ暗い時間に、ホームズがワトソンを起こした。「ワトソン君、上を見て! 君の推理を聞かせてくれたまえ。」

ワトソンはちょっと考えて答えた。「無数の星が見える。」

「そのことから何が分かるかね、ワトソン君?」

ワトソンは答えた。「この大宇宙には何百万もの銀河とおそらくは何十億もの惑星がある。占星学的に言えば、土星獅子座宮に入っている。測時法で言えば、今はだいたい午前3時15分だ。神学的にならば、は全能で、ぼくたちはちっぽけで取るに足らない存在だ。気象学的には、たぶん明日はよい天気だろう。」

ホームズ:「バカ! 僕たちのテントが盗まれたんだ!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

※英語版wikien:World's funniest joke、18:17, 19 February 2006より翻訳