世界が燃えつきる日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界が燃えつきる日
Damnation Alley
監督 ジャック・スマイト
脚本 アラン・シャープ
ルーカス・ヘラー
原作 ロジャー・ゼラズニイ
製作 ポール・マスランスキー
ジェローム・M・ザイトマン
製作総指揮 ハル・ランダーズ
ボビー・ロバーツ
出演者 ジャン・マイケル・ヴィンセント
ジョージ・ペパード
ドミニク・サンダ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ハリー・ストラドリング・ジュニア
編集 フランク・J・ユリオステ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年10月21日
日本の旗 1977年9月10日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $17,000,000 (概算)
テンプレートを表示

世界が燃えつきる日』(せかいがもえつきるひ、Damnation Alley)は、1977年アメリカ映画

ロジャー・ゼラズニイの小説『地獄のハイウェイ』の映画化であり、核戦争後の荒廃した世界を舞台に生き残りにかける人々の生き様を描くSF作品。荒野を探検する特殊車両「ランドマスター」が話題になった。

ストーリー[編集]

核戦争によって荒廃した世界で、アリゾナの空軍基地はオールバニからの信号を受信し、生存者であるデントンは仲間探しを決意した。デントンはタナーと、キーガンはペリーと、それぞれ2台の特殊車両ランドマスターに乗って旅に出た。キーガンは嵐でランドマスターが大破したうえにペリーを失い、タナーと合流した。その道中、ニューヨークからSOSを受信したタナーたちは、ユタ州へ向かう。だが、その道のりは平たんなものではなかった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名、俳優、日本語吹き替え(1978年10月9日放送、TBS月曜ロードショー』でのもの)の順に表記。

外部リンク[編集]