不知火諾右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
不知火諾右エ門から転送)
移動: 案内検索
不知火 諾右衞門 相撲力士
Siranui Dakuemon.jpg
不知火諾右衞門
基礎情報
四股名 不知火 諾右衞門
本名 近久 信次
愛称 天保の三傑
生年月日 1801年
没年月日 1854年8月20日嘉永7年7月27日
出身 肥後国宇土郡轟村栗崎
(現:熊本県宇土市栗崎)
身長 176cm
体重 135kg
成績
現在の番付 引退
最高位 第8代横綱
幕内戦歴 48勝15敗3分2預1無65休
優勝 優勝相当成績1回
データ
初土俵 1822年(大坂相撲)
入幕 1837年1月場所(江戸相撲)
引退 1844年1月場所(江戸相撲)
備考
2013年6月8日現在

不知火 諾右衛門(しらぬい だくえもん(なぎえもん)、1801年享和元年) - 1854年8月20日嘉永7年7月27日))は、肥後国宇土郡轟村栗崎(現・熊本県宇土市栗崎)出身の元大相撲力士。本名は近久 信次(ちかひさ しんじ)。

2013年現在で70人が存在する歴代横綱の中で、横綱昇進後に下位番付へ陥落したことのある唯一の力士である[1]

略歴[編集]

1801年に肥後国宇土郡で生まれる。幼い頃から郷里で平穏な生活を送っていたが、ある日巻き込まれた傷害事件によって妻子を残したまま大坂・へ出ることとなり、1822年大坂相撲へ加入、大関まで昇進した。その後、1830年に江戸相撲・浦風門下へ加入し、江戸相撲で再スタートを切る。江戸相撲では黒雲 龍之介濃錦里 諾右衛門と改名し、1837年春場所で新入幕を果たす。その後も順調に番付を上げていき、1839年3月場所に大関へ昇進、肥後藩の抱え力士となると同時に「不知火 諾右衛門」と改名した。なお、下の名の読み方には諸説ある。

この頃(江戸時代後期)の相撲界は、徳川幕府の幕藩体制の瓦解が目に見えてきたことと、谷風梶之助小野川喜三郎と並ぶほどの大力士・名力士が長く登場して来なかったことから人気・活発共に乏しいものだった。1839年10月場所が全休、しかも既に40歳間近だったにも関わらず、1840年11月に横綱免許を授与されたのは、こうした事情が関係していたものとみられる。しかし、1841年の正月に発表された番付には不知火の名前がどこにも記載されておらず、同年11月場所では三役格に張り出されるも当場所を全休している。江戸相撲と不知火の間に何らかの対立があったのではないかと言われているが、はっきりとした理由は不明である。1842年2月場所では関脇に降格したがこの場所で6勝を挙げ、翌場所は大関に復帰した。

1844年1月場所を最後に現役を引退し、古巣・大坂相撲へ戻って年寄・湊を襲名し、大坂相撲の頭取を務めた。1854年8月20日(嘉永7年7月27日)に死去、53歳没。

「不知火型」の土俵入り[編集]

現在行われている横綱土俵入りの型の一つである「不知火型」の名は、この不知火ではなく弟子である第11代横綱・不知火光右衛門から取っている。

綱を締めて両腕を広げた姿の錦絵が現存しており、これが両腕を広げてせり上がる「不知火型の土俵入り」の根拠であると主張する声(彦山光三)が存在するが、この錦絵は常陸山谷右エ門の「柏手の直後に両腕を広げる土俵入り」が吉田司家によって認められる根拠になったとも伝わっており、大砲万右エ門が行っていた「せり上がった後で両腕を広げる型」の可能性も考えられる[2]

さらに、錦絵用として特別に用いた構えと考えることも可能である(現在の横綱でも銅像[3]優勝額[4]において、実際に綱姿で行なうことの無い構えを用いることがある)ため、どれが正しい型なのかは不明である。江戸時代の横綱であるため、綱の締め方は現在の雲龍型とも不知火型とも異なる「片輪結び」である。

主な成績[編集]

  • 通算幕内成績:48勝15敗3分2預1無65休(江戸相撲)
  • 優勝相当成績:1回(江戸相撲)

注釈[編集]

  1. ^ 大関を最高位とする時代に横綱は「日下開山」として免許扱いだった時代で、理論上は横綱免許を授与されても番付上の最高位である大関からの陥落も有り得たためである。
  2. ^ 弟子である不知火光右衛門は、この「せり上がった後で両腕を広げる」という型の土俵入りだったと伝わる。
  3. ^ 例えば、横綱千代の山・千代の富士記念館にある千代の山雅信千代の富士貢の銅像は「綱を締めて中段の構え」という、現在では見られない形となっている。
  4. ^ 曙太郎の優勝額には「綱を締めて塵を切る」という、実際の土俵では決して行なわない姿がある。

関連項目[編集]