不思議の国のアリスの映像作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1915年の映画『不思議の国のアリス』のタイトル・フレーム

ルイス・キャロルの児童小説『不思議の国のアリス』(1865年)は、1903年、キャロルの死後5年目に初めて映像化された[1]。最初の映像作品は音声も色もない、わずか8分の紙芝居のような作品であったが、その後映像技術の発達に伴い、初の長編映画(1915年)、初の有声映画(1931年)などが作られていき、以後もディズニーのアニメ映画(1951年)、ミュージカル映画1972年)、日本製のテレビアニメ(1984/85年)やさまざまなテレビ映画、テレビシリーズ、そして近年のCG技術を駆使した映画にいたるまで、『アリス』は最初の映画化から100年以上にわたり途切れることなく、様々な形で映像化され続けている。

以下の一覧では原作の物語に沿った翻案ばかりでなく、既存のアニメキャラクターによるパロディ作品なども記載しているが、作中で引用・言及されているというだけのものや題名のみのパロディ、また「アリス的」な雰囲気があるというにとどまっている作品などは除外している。また『不思議の国のアリス』はしばしばその続編『鏡の国のアリス』(1871年)と組み合わされて映像化が行われており、『鏡の国のアリス』単独の映像化は比較的少ない。このため本項では『鏡の国のアリス』の映像化についてもあわせて扱っている。

劇場映画[編集]

『不思議の国のアリス』(1910)より、アリス役のグラディス・ヒューレット

テレビ映画・単発テレビ放映[編集]

テレビシリーズ[編集]

OVA[編集]

パロディ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Mikado Koyanagi 「映画の国のアリス」『Milk』 No.7、エクスナレッジ、2008年10月、156-157頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 「Alice in Movie Land」『Dollybird』 vol.14、ホビージャパン、2010年7月、58-63頁。
  3. ^ Histry of the Film Industry in Fort Lee, Fort Lee Film Commission. 2013年2月閲覧。
  4. ^ Jim Beckerman (2009年10月14日). “Curiouser and curiouser”. NorthJersey.com. 2013年2月閲覧。
  5. ^ Hal Erickson. “Alice in Wonderland:Overview”. 2013年2月閲覧。
  6. ^ a b c d 夏目康子「表現者をひきつけるアリス」『Switch』 No.5、Switch Publishing、2008年5月、 68-69頁。
  7. ^ 荻野学 「ウォルト・ディズニーとアリス」 『少女座』 No.5、1987年9月、52-53頁。
  8. ^ a b 「アリス映画・DVDコレクション」『spoon.』 No.71、プレビジョン、2010年2月、28-29頁。
  9. ^ 長澤國雄 「映像の国のアリス」 『翻訳の世界』 1996年6月号、日本翻訳協会、28-29頁。

外部リンク[編集]