下関農業協同組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下関農業協同組合(しものせきのうぎょうきょうどうくみあい)は、 下関市秋根北町に本部を置く農業協同組合JA下関

概要[編集]

  • 出資金 25億6,800万円(2010年8月末現在)
  • 職員数 509名(正職員421名、臨時職員88名(2010年9月現在))
  • 貯蓄残高 1,549億円(2010年8月末)

事業所[編集]

本所、吉田支所、王喜支所、小月支所、清末支所、王司支所、長府支所、内日支所、勝山支所、川中支所、吉見支所、ゆたか出張所、幡生支所、彦島支所、安岡支所、菊川町支所、楢崎支所、黒井支所、豊北町支所、田耕支所、神玉支所、角島支所、神田支所、阿川支所、豊田町支所、豊田西支所、豊浦町支所、宇賀支所、東部営農経済支部、西部営農経済支部、菊川営農経済支部、豊浦営農経済支部、豊北営農経済支部、豊田営農経済支部、下関自動車センター、豊北自動車センター、下関在宅ケアセンター、ほっと愛ランド吉見、配送センター、米工房

沿革[編集]

  • 1994年4月 - 豊関農業協同組合設立
  • 1994年9月 - 菊川カントリーエレベーター完成
  • 1995年3月 - 農用地等集団化事業優績表彰農林水産大臣賞受賞、共同野菜集出荷場竣工式
  • 1996年7月 - 下関東部ライスセンター完成
  • 1996年9月 - アジア農協振興機関(イダカ)視察研修来組
  • 1996年11月 - 豊北町ライスセンター完成
  • 1997年1月 - 配送センター完成
  • 1997年6月 - アジア農協振興機関(イダカ)視察研修来組
  • 1997年9月 - 永田ライスセンター完成(下関)
  • 1998年3月 - アジア農協振興機関(イダカ)視察研修来組
  • 1999年4月 - 豊浦・豊北・豊田営農経済支部オープン、菊川営農経済支部オープン
  • 2000年1月 - 豊浦町支所移転新築オープン
  • 2000年7月 - 清末支所移転新築オープン、下関東部営農経済支部・下関西部営農経済支部オープン
  • 2000年9月 - 王喜支所オープン
  • 2001年2月 - 家の光特別賞受賞
  • 2001年9月 - 豊田低温農業倉庫完成
  • 2001年10月 - 角島支所オープン
  • 2002年5月 - 吉田野菜集出荷場完成
  • 2003年2月 - 家の光文化賞受賞
  • 2003年4月 - 下関SSオープン(事業運営の外部委託)
  • 2004年5月 - 豊田西支所オープン(豊田町管内支所再編)
  • 2004年10月 - 韓国農協中央会組合長視察来組
  • 2004年12月 - 小日本ふるさと市新店舗オープン
  • 2006年2月 - 「JA下関」名称変更、店舗統廃合、長府支所オープン
  • 2007年7月 - デイサービスほっと愛ランド開所
  • 2009年8月 - JA下関女性部仲間づくり海外交流研修(済州島)
  • 2009年11月 - 勝山支所新築オープン

外部リンク[編集]