下総松崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下総松崎駅*
駅舎(2005年7月10日)
駅舎(2005年7月10日)
しもうさまんざき - Shimōsa-Manzaki
安食 (4.1km)
(5.6km) 成田
所在地 千葉県成田市大竹340
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 成田線(我孫子支線)
キロ程 27.3km(我孫子起点)
電報略号 マサ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
699人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1901年明治34年)8月10日
備考 業務委託駅
* 1920年に松崎駅から改称。
ホーム(2008年6月)

下総松崎駅(しもうさまんざきえき)は、千葉県成田市大竹にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線(我孫子支線)のである。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。駅舎は木造平屋である。

成田駅管理のJR千葉鉄道サービスが駅業務を受託する業務委託駅で、駅員は昼間(7:00 - 18:20)のみ配置される。POS端末、自動券売機乗車駅証明書発行機、簡易Suica改札機が設置されているが、自動改札機は未設置である。マルス端末はなく、Suica定期券の購入(継続購入を含む)やクレジットカードによる乗車券の購入はできない。男女別の水洗式トイレが1番線ホーム側に設置されている。

発車メロディはなく、発車ベルが鳴る駅である。但し、5両編成の列車は発車ベルを鳴らさずに発車する。

のりば[編集]

1 成田線(下り) 成田行き
2 成田線(上り) 我孫子上野方面
  • ホームは10両編成までに対応する。なお、最大で12両編成の列車が停車可能であるが、臨時列車を含め11両以上の編成が乗り入れる機会はほぼ皆無であり、停止位置目標も10両までしか設置されていない。
  • 多くの列車が当駅で上り・下り列車の行き違い待ちをする。
  • 成田方面への定期列車は成田行のみの設定だが、1番線の方面表示には「佐倉佐原」、2番線の方面表示には「土浦水戸」なども表示されている。これは、それぞれ成田・我孫子での乗り換えを意味する。

利用状況[編集]

2012年度の乗車人員は1日平均699人であった。

ここ数年、JR東日本が主体となって開催されているハイキングイベントでは、安食駅から当駅までのルートが設定されている。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 911
1991年 943
1992年 994
1993年 1,021
1994年 903
1995年 921
1996年 952
1997年 971
1998年 985
1999年 992
2000年 931
2001年 937
2002年 925
2003年 904
2004年 869
2005年 833
2006年 816
2007年 786
2008年 805
2009年 802
2010年 764
2011年 730
2012年 699

駅周辺[編集]

駅の西側に北印旛沼が広がる。

駅前には、公衆電話、駅周辺案内板、郵便ポスト(敷地外)が設置されている。また簡易的な喫煙所水道が駅舎の入口に設けられており、駅舎前には数台の乗用車駐車できる。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
成田線(我孫子支線)
安食駅 - 下総松崎駅 - 成田駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]