下津井瀬戸大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下津井瀬戸大橋
Shimotsui-Seto Bridge.jpg
所在地 日本の旗 日本
岡山県倉敷市下津井田之浦一丁目
- 香川県坂出市櫃石
瀬戸内海
長さ 1,447m
最大支間長 940m
高さ 146m、149m(主塔)
形式 張出径間付単径間補剛トラス吊橋
建設 1978年 - 1988年
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
国道30号標識

下津井瀬戸大橋(しもついせとおおはし)は瀬戸大橋海峡部最北端のの名称。

概要[編集]

本州岡山県倉敷市児島香川県坂出市櫃石島の間に架かる、全長1,447m道路鉄道併用の吊り橋である。本橋の中間地点を県境としている。本州側のケーブルは、瀬戸内海国立公園の景観に配慮する為、鷲羽山にケーブル用のトンネル掘削して埋め込んでいる。その為、本州側アンカレイジを直接見ることはできない。

データ[編集]

  • 橋梁形式:張出径間付単径間補剛トラス吊橋
  • 着工:1978年昭和53年)
  • 竣工:1988年(昭和63年)
  • 全長:1,447m
  • 中央支間:940m
  • 橋脚の高さ
    本州側:146m
    櫃石島側:149m

隣接する橋梁・トンネル[編集]

鷲羽山トンネル - 下津井瀬戸大橋 - 櫃石島高架橋

関連事項[編集]

関連画像[編集]