下村満子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下村 満子(しもむら みつこ、1938年 - )は、日本ジャーナリスト東京都出身。

経歴[編集]

慶應義塾大学経済学部ニューヨーク大学大学院修士課程修了。

1965年朝日新聞社に入社。在職中、1987年から1年間、ハーバード大学ニーマン特別研究員を務める。1994年に朝日新聞社を退社するまで、週刊朝日編集部やニューヨーク特派員を経て朝日ジャーナル編集長や同編集委員を務めた。1992年に朝日ジャーナルが休刊になったときの編集長であった。1995年、アジア女性基金の呼びかけ人となり、同組織の理事に就任した[1]

人物[編集]

  • 鳩山幸鳩山由紀夫元首相夫人)、細川佳代子細川護煕元首相夫人)、湯川れい子と「スワンシスターズ」を結成し、音楽活動を行っている。
  • 評論家の立花隆は自著の中で、下村編集長時代の朝日ジャーナルの誌面や編集について「ジャーナリスティックなセンスがゼロである」「どう考えても朝日ジャーナルをつぶしたのは、下村満子編集長である」など、痛烈に批判している[2]

受賞[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アジア女性基金の償い事業>基金事業にかかわった関係者の回想>基金で活動した人々  [1]
  2. ^ 立花隆 『ぼくはこんな本を読んできた』(1995年、文藝春秋)

外部リンク[編集]