上顎神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神経: 上顎神経
Gray779.png
Alveolar branches of superior maxillary nerve and pterygopalatine ganglion.
ラテン語 n. maxillaris
英語 Maxillary nerve
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
MeSH Maxillary+Nerve
テンプレートを表示

上顎神経(じょうがくしんけい)(羅名 n.maxillaris)とは、三叉神経の第2枝で、目の下-頬-上唇-上顎の口腔内の知覚を司る神経である。

上顎神経は、三叉神経節より始まり、蝶形骨大翼の正円孔より脳頭蓋から翼口蓋窩に到達し、そこより枝である眼窩下神経となって下眼窩裂を抜けるものである。

上顎神経の直接の枝は上顎神経硬膜枝頬骨神経翼口蓋神経眼窩下神経後上歯槽枝翼口蓋神経節である。

追加画像[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]