上院ウォーターゲート特別委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1973年の上院ウォーターゲート特別委員会
左からフレッド・トンプソン、ハワード・H・ベーカーJr.、委員長のサム・J・アービン

上院ウォーターゲート特別委員会(じょういん-とくべついいんかい。正式名称はSenate Select Committee on Presidential Campaign Activities)とは、ウォーターゲート事件に関して米国議会上院1973年2月に設置した特別委員会である。(特別委員会とは、常設委員会ではなく、通常の年功ではなく別に人選される委員会、それ故"Select")

著名な証言

ディーン証言「大統領制をガンがむしばんでいる a cancer growing on the Presidency.」「大統領執務室に盗聴器が仕掛けられているらしい」
バターフィールド証言「ホワイトハウスには録音システムがある」(事前聴取で認めたことを、公開の場で確認)

メンバー[編集]

主な宣誓証言者(証言順)[編集]

  • ジェームズ・W・マッコード・ジュニア"ジムJim" 侵入主犯、再選委員会警備主任、元CIA警備主任(Director,Physical Security Division,Office of Security)
  • ヒュー・ウォルター・スローンJr. 再選委員会財務部長
  • モーリス・ハーバート・スタンス 再選委員会財政委員長、前商務長官
  • ジェブ・スチュアート・マグルーダー 再選委員会副責任者
  • ジョン・ウェズレー・ディーン3世 前大統領法律顧問
  • ジョン・ニュートン・ミッチェル 再選委員会責任者(委員長は別にいる)前司法長官、その前は有力な弁護士。
  • アレキサンダー・ポーター・”アレックス”バターフィールド空軍大佐 大統領副補佐官。後にFAA(連邦航空局)長官。
  • ジョン・アーリックマン”ダン Dan for Daniel"  大統領補佐官(内政担当)
  • ハリー・ロビンス・ハルデマン"ボブ Bob" 大統領首席補佐官(首相相当)

元J.W.トンプソン(大手広告代理店)幹部

  • リチャード・マガラー・”ディック”・ヘルムズ 前CIA長官(キャリア初のCIA長官)、イラン大使
  • ロバート・エバートン・”ボブ”クッシュマンJr.海軍少将 CIA長官代行
  • バーノン・アンソニー・”ディック”・ウォーターズ陸軍中将  CIA副長官
  • リチャード・ゴードン・クラインディーンスト 司法長官
  • ヘンリー・エドワード・ピーターセン 刑事局担当司法次官補(キャリア)
  • エドワード・ハワード・ハントJr. 侵入主犯、ホワイトハウス・コンサルタント、元CIA工作員、キューバで活躍

公式報告[編集]