上胚軸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

植物生理学における上胚軸(じょうはいじく、: epicotyl)は、子葉の上部に位置する胚軸である[1]。ほとんどの植物において、上胚軸は実質的に植物のに発達する。双子葉植物では、胚軸はしぼんだ子葉の下の茎基部であり、子葉のすぐ上の茎が上胚軸である。単子葉植物では、地面あるいは種子からから外に出た最初の茎が上胚軸であり、上胚軸から最初の茎および葉が発達する。

ヒマワリの苗木では、上胚軸と胚軸(下胚軸)は子葉で分割され、違いが見られる。子葉の上部の茎(上胚軸)は非常に小さな毛で覆われているが、下部(胚軸)の表面は滑らかである。

上胚軸の伸長は、フィトクロム光受容体によって制御されていると考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ Cynthia Herbrandson (Kellogg Community College) (2004年10月4日). “Flowers, Fruits, & Seeds”. 2011年4月22日閲覧。

関連項目[編集]