上級大将 (東ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NVA上級大将の肩章

上級大将(じょうきゅうたいしょう、Armeegeneral)は、ドイツ民主共和国国家人民軍および国家保安省等の法執行機関における事実上の最高位階級である。国家人民軍最高位階級たる共和国元帥は、いずれの者にも授与されることはなかった。国家人民軍の中でも海軍においての上級大将に相当する階級はFlottenadmiralであるがこちらは海軍元帥と訳されることが多い。

上級大将の階級章は、すでに旧ドイツ軍において導入された肩章を基本としつつ、 しかし一列に配された四ツ星を含んでいた。

上級大将は、共和国国防相並びに国家保安相の階級とされ、さらに1984年以降は内相兼ドイツ人民警察長官の階級とされた。

社会主義諸国の陸軍における階級構成は、ソビエト連邦軍をモデルに導入された。このため「上級大将」の階級は、ポーランドチェコスロバキア、その他多くの国家に存在した。

ドイツ連邦軍におけるこれと同等の階級は、大将 (General) である。

国家人民軍(NVA)上級大将[編集]

人民軍以外の上級大将[編集]

関連項目[編集]