上田将勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上田 将勝
基本情報
本名 上田 将勝
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1977年12月21日(36歳)
出身地 京都府京都市
所属 パラエストラ東京
身長 172cm
体重 60kg
階級 フェザー級修斗
スタイル レスリング
テーマ曲 JAPAN(長渕剛
テンプレートを表示

上田 将勝(うえだ まさかつ、男性、1977年12月21日 - )は、日本総合格闘家京都府京都市出身。パラエストラ東京所属。元修斗世界フェザー級王者。

来歴[編集]

高校、国士舘大学レスリングを続け、大学卒業後に八隅孝平の紹介によってパラエストラ東京に入門した。パラエストラの中でもレスリングだけを続けていたが、レスリングルールの変更を契機に2005年4月から総合格闘技の練習を始めた。

2005年9月18日、第12回全日本アマチュア修斗選手権ライト級に出場、決勝で石渡伸太郎に判定勝ちし優勝を果たした[1]

2005年11月29日、修斗でプロデビュー。

2006年3月21日、第3回全日本修斗グラップリング選手権・ライト級トーナメントに出場。決勝で鈴木徹に判定勝ちし、優勝を果たした。

2008年3月28日、修斗世界フェザー級チャンピオン決定戦で岡嵜康悦と対戦し、3-0の判定勝ちを収め修斗世界フェザー級王者となった。半年後の9月28日、マルコ・ロウロとフェザー級チャンピオンシップを行い、判定1-1の引き分けで初防衛に成功した。

2009年3月20日、修斗世界フェザー級チャンピオンシップで田澤聡と再戦し、3-0の判定勝ちで2度目の王座防衛に成功した。7月19日、修斗「REVOLUTIONARY EXCHANGES 1」大会で南米大陸王者エドゥアルド・ダンタスとタイトルマッチを行い、3-0の判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

2010年3月22日、4度目の防衛戦で勝村周一朗と対戦し、フロントチョーク(ニンジャチョーク)による一本負けで王座から陥落するとともにプロ初黒星となった。

2011年9月14日、ブラジルのマナウスで開催された「Amazon Forest Combat 1」大会でホイラー・グレイシーのMMA引退試合のオファーを受け、 通常より10kg上の70kg契約を呑む試合となったが、判定2-1で勝利した。

2012年1月8日、修斗で堀口恭司と対戦。熱戦を制し2-0の判定勝ち。

Bellator - ONE FC[編集]

2012年4月6日、Bellator FC初参戦となったBellator 64のバンタム級トーナメント1回戦でトラヴィス・マークスと対戦し、判定負け。試合後、Bellatorからリリースされた事が発表された[2]

2012年10年6日、ONE FC初参戦となったONE FC 6のバンタム級GP1回戦でソン・ジョンミンと対戦し、判定勝ち。

2013年4月5日、ONE FC 8のバンタム級GP準決勝でジェンス・パルヴァーと対戦し、2Rにダースチョークで一本勝ち。5月31日のONE FC 9の決勝戦ではケビン・ベリンゴンに判定勝ち。ONE FCバンタム級GP優勝を果たした[3]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 2 4 12 0 2 0
2 0 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ケビン・ベリンゴン 5分3R終了 判定3-0 ONE FC 9
【バンタム級GP 決勝】
2013年5月31日
ジェンス・パルヴァー 2R 3:52 ダースチョーク ONE FC 8
【バンタム級GP 準決勝】
2013年4月5日
ソン・ジョンミン 5分3R終了 判定3-0 ONE FC 6
【バンタム級GP 1回戦】
2012年10月6日
× トラヴィス・マークス 5分3R終了 判定0-3 Bellator 64
【バンタム級トーナメント 1回戦】
2012年4月6日
堀口恭司 5分3R終了 判定2-0 修斗 サバイバートーナメント決勝戦 2012年1月8日
ホイラー・グレイシー 5分3R終了 判定2-1 Amazon Forest Combat 1 2011年9月14日
佐藤ルミナ 1R 4:23 KO(左ミドルキック) 修斗 SHOOTOR'S LEGACY 03 2011年7月18日
ラルフ・アコスタ 2R 1:13 スピニングチョーク 修斗 SHOOTOR'S LEGACY 01 2011年1月10日
田村彰敏 5分3R終了 判定3-0 修斗 The Way of SHOOTO 03 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜 2010年5月30日
× 勝村周一朗 2R 3:39 フロントスリーパーホールド 修斗 The Way of SHOOTO 02 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2010年3月22日
エドゥアルド・ダンタス 5分3R終了 判定3-0 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 1: UNDEFEATED
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2009年7月19日
田澤聡 5分3R終了 判定3-0 修斗 "修斗伝承 06" 〜ROAD TO 20th ANNIVERSARY〜
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2009年3月20日
マルコ・ロウロ 5分3R終了 判定1-1 修斗 "修斗伝承 03" 〜ROAD TO 20th ANNIVERSARY〜
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2008年9月28日
岡嵜康悦 5分3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 08
【修斗世界フェザー級チャンピオン決定戦】
2008年3月28日
山本篤 5分3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 07 2008年1月26日
徹肌ィ郎 5分3R終了 判定3-0 修斗 2007年12月8日
水垣偉弥 5分3R終了 判定1-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 04 2007年7月15日
田澤聡 3R 2:00 スピニングチョーク 修斗 BACK TO OUR ROOTS 02 2007年3月16日
松本輝之 1R 4:42 三角絞め 修斗【新人王決定トーナメント フェザー級 決勝】 2006年12月2日
矢作尚紀 1R 3:49 TKO(右フック) 修斗 下北沢修斗劇場 第16弾 〜燃えろいい男〜
【新人王決定トーナメント フェザー級 準決勝】
2006年10月1日
マイク・ハヤカワ 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG WEST 5
【新人王決定トーナメント フェザー級 1回戦】
2006年6月3日
山下悟史 5分2R終了 判定3-0 修斗 2005年11月29日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
石渡伸太郎 3分2R終了 ポイント46-39 第12回全日本アマチュア修斗選手権【ライト級決勝】 2005年9月18日
谷口智則 4分1R終了 ポイント27-20 第12回全日本アマチュア修斗選手権【ライト級準決勝】 2005年9月18日
吉川圭太 4分1R終了 ポイント29-20 第12回全日本アマチュア修斗選手権【ライト級2回戦】 2005年9月18日
本徳聖 4分1R終了 ポイント21-20 第12回全日本アマチュア修斗選手権【ライト級1回戦】 2005年9月18日
荒木浩太 3分2R終了 ポイント51-44 東京フリーファイト3 2005年5月29日

獲得タイトル[編集]

  • 第9回全日本コンバットレスリング選手権大会 60kg級 優勝(2003年)
  • 第5回東日本アマチュア修斗選手権 ライト級 優勝(2005年)
  • 第12回全日本アマチュア修斗選手権 ライト級 優勝(2005年)[1]
  • 修斗フェザー級新人王(2006年)
  • 第5代修斗世界フェザー級王座(2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
外薗晶敏
第5代修斗世界フェザー級王者

2008年3月28日 - 2010年3月22日

次王者
勝村周一朗