上海環球金融中心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上海環球金融中心
上海環球金融中心
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗 中国 上海市 浦東新区
状態 完成
建設期間 2004年11月 - 2008年8月28日
用途 オフィス、商業施設
地上高
屋上 492m
最上階 101
各種諸元
階数 104階
上海環球金融中心
各種表記
繁体字 上海環球金融中心
簡体字 上海环球金融中心
拼音 Shànghǎi Huánqiú Jīnróng Zhōngxīn
発音: シャンハイホァンチゥジンロンヂョンシン
英文 Shanghai World Financial Center
テンプレートを表示

上海環球金融中心(しゃんはいかんきゅうきんゆうちゅうしん、中国語: 上海环球金融中心英語: Shanghai World Financial Center, SWFC)は、中華人民共和国上海市浦東新区金茂大厦421mの隣)に位置する超高層ビル上海ワールドフィナンシャルセンター上海ヒルズとも。

概要[編集]

所在地は上海市浦東新区世紀大道100。高さ492m。2013年9月現在世界第5位(中華人民共和国で第1位の高さ)の超高層ビルである。「最高フロア高さ」と「軒高」では台北101よりも高く、ブルジュ・ハリファに次いで世界第2位である[1]。当初、完成すれば台北101が完成するまで世界一の高さとなる予定であったが、後述の事業凍結を挟んだ事で、結果的に世界1位の座は獲得できなかった。但し、展望台の高さ(地上474m)はブルジュ・ハリファ竣工後も世界一を誇る。

延べ床面積は東京六本木ヒルズ森タワーとほぼ同じ、約38万m²。総事業費は約1250億円。

歴史[編集]

森ビルにとって、中国で3棟目のビル開発として計画された。前2棟が日本のゼネコンによる施工であったのに対し、SWFCは中国の建設会社への分離発注であり、それに際し、海外におけるコンストラクション・マネジメントという新たな取り組みを導入した[1]。森ビル等が出資する上海環球金融中心有限公司はプロジェクトの事業主体でありCMの担い手ともなった。

2001年の完成を目指して1997年10月に着工するも、基礎工事完了後、アジア通貨危機SARS日中関係悪化の影響を受け計画が頓挫した。この中断期間の間に大幅な設計変更を行い、ビル内部空間を広くするという流行の変化(当時)を受け、フロアの天井高を2500mmから2800mmに変更し、同時に建物規模を94階建から101階建(460m→492m)へ増やした[1]。これに際し、世界一高い展望台や最上部の穴も追加された。これら一連の変更について森ビルの森稔社長は後に「逆風をバネにして飛躍した」「中断期間があったから上海のランドマークは誕生した」と述べている[1]

5年間の中断後、好調な中国経済に後押しされ2003年にプロジェクトが再始動、2004年11月に建設を再開した。2008年6月からテナントの入居が始まり、事業着手から14年の時を経て同年8月28日に竣工、8月30日から本格開業。開業前に現地で開いた記者会見で森稔社長は「日本では"無謀"と言われたが、やめようとは一度も思わなかった」と振り返り、「国際金融都市の新しい幕開け」と表現した[1]。翌日の地元紙の紙面でも1面に取り上げられる等、中国国内における注目度の高さを窺わせた[1]

主な施設[編集]

世界で一番高い展望台の内部
  • 94階・97階・100階:展望台
100階部分は地上より474mあり、2008年8月の完成時点では世界で一番高い展望台となった。97階はビル上部の台形部分の下底、100階はその上底部分である。100階の床は真ん中部分がガラス張りとなっており、はるか真下をガラス越しに眺めることが可能。それぞれ入場料が違い、94階までだと100元、97階までで110元、最高階の100階まで上がるには150元。94階は休憩の出来る広いホールと土産物屋があり、ビルの形そっくりの栓抜きが売られている(280元)。94階のトイレの外壁に面した一部はガラス張りとなっていて、ある意味世界一眺めのいいトイレともいえる。
97階、98階、99階にまたがる台形の「穴」は見直し最終案で計画入りしたもので、風によるビルへの加重を軽減するためのものである。この穴の下部と上部にそれぞれ展望台がある。当初は、円形の「穴」であり、「月亮門」という中国庭園の壁にくりぬかれた円形の門をかたどったものとされたが、日本日の丸に似ていて、「上海の空に日の丸を揚げるなんて許さない」、「高いところから日本が中国を見下すようだ」などといった中国側からの問題指摘があったため、現在の台形の栓抜き状の「穴」に変更された。
  • 91階 - 93階:飲食店
ホテル同様、ハイアットホテルアンドリゾーツによる経営。
ハイアットホテルアンドリゾーツグループが経営。名称は「パークハイアット上海」。客室数は約180室でスイートルームが中心。
金融機関を中心に、日本・ドイツなど外資企業が入居者の大半を占めており、約1万人が働く。28,29階には上海の金融情報の発信拠点となる、スタジオ等を備えたメディアセンターがある。
  • 3階 - 5階:会議室
国際会議場
飲食店や販売店など約50店舗で構成される。ローソンファミリーマートABCクッキングスタジオドコモチャイナJINSなどが出店している。

構造[編集]

  • 高さ:492.3m(SRCS造地上101階、地下3階)
  • 延床面積:381,600m2
  • 建築面積:14,400m2
  • 敷地面積:30,000m2

備考[編集]

  • 計画当初は入口に回転扉を予定していたが、六本木ヒルズでの事故を機にスライド式に計画を変更した。
  • 1998年から2003年まで長期に亘る工事中断を余儀なくされたが、地上部分の鉄骨工事が2005年6月より開始され、当初予定通り2008年6月に竣工した。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “日刊建設工業新聞 2008年9月8日 上海環球金融中心が開業”. 日刊建設工業 

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度14分12秒 東経121度30分10秒 / 北緯31.23667度 東経121.50278度 / 31.23667; 121.50278