上海公共交通カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上海公共交通カード(しゃんはいこうきょうこうつうカード)は、上海市公共交通機関などにおいて利用できる非接触式ICカードである。1999年12月末に導入した。

利用[編集]

上海市の公共交通機関の、バストロリーバス上海地下鉄フェリータクシー上海トランスラピッド張江軌道電車高速道路のほかに、ガソリンスタンド、上海旅遊集散センターのチケットセンター、外灘の観光トンネルなどでも利用可能である。

2006年6月より無錫太湖公共交通カードとも相互利用可能となっており、その他蘇州市杭州市でも利用可能となっている。

上海公共交通カードを利用すると

  1. 上海トランスラピッドの運賃が2割引(50元→40元)となる。
  2. 上海火車駅駅虹口足球場駅など、改札外乗換となる駅でも通し運賃が適用される。

(但し2012年現在の時点では、常熟路駅-上海図書館駅間の通し運賃は実現されていない。)

  1. 上海地下鉄2号線と張江軌道電車を乗り継ぐ際には割引運賃が適用される。
  2. 2時間以内に、バス-バス乗り換え、バス-地下鉄乗り換え(逆も可)を行うと、運賃が1元引きとなる。

などのメリットがある。 もっとも、運賃以外の面でも、上海地下鉄の券売機は混雑しやすく(特に上海火車駅駅など)、硬貨のみ使用可能という機種もあるので、待たずにすぐ改札を通れるという利点は大きい。

また、2005年9月に上海地下鉄の料金が改定された際に、利用者への負担軽減策として上海公共交通カード利用者のみ1ヶ月で70元以上利用した場合その月の間、以後使用する分の運賃が10%割引となる。

利用方法[編集]

地下鉄、上海トランスラピッドに乗車する場合は改札機の上部に緑色のセンサーがあり、そこにカードをかざせば改札を通ることができる。 上海地下鉄の普通乗車券、上海トランスラピッドの普通乗車券、往復乗車券、割引乗車券も使い切りのICカードとなっており、入場時の対応は同じで、出場時に回収口に投入する形式になっている。回収された乗車券は再利用する。

バス・トロリーバス利用の際は乗車時にカードをセンサーにかざせばよい。 車掌がいる場合は、行き先を告げ、車掌の持っているセンサーにかざせばよい。 但し、乗換割引などの理由で、複数人数分を一枚のカードで支払うことはできない。カードは10分ほど間を置かないと、使用することができない。カードは人数分用意するのが望ましい。

渡し船での使用は、歩行者、自転車、バイクなどに分けられた改札に注意し、センサーにかざす。

上海公共交通カードの形式[編集]

上海公共交通カードには下記の5つの形式がある。

  • 標準カード
  • 記念カード
  • ミニカード
  • パーソナルカード
  • 腕時計形

標準カードのみ使用しなくなった際に返却すればデポジット(2007年11月以降は30)の返金が可能で、10元を超える払戻の場合は、10%の手数料がかかる。カード自体も再利用される。他のカードについてはデポジットの返金はない。

チャージは上海地下鉄の各駅やコンビニエンスストアなどで可能で、入金単位は10元以上10元単位で最高1000元までとなっている。

上海地下鉄の各駅の自動券売機では50元単位で発売している。最後に利用した日から2年間有効で有効期間が過ぎると窓口で手続き(無料)をしない限り利用できなくなる。

パーソナルカードは南京西路駅でのみ発売されており、1枚100元で90元がカスタムデザイン代として回収され、残りの10元がICカードにチャージされる。

外部リンク[編集]