上海ゲットー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上海ゲットー(しゃんはいゲットー、英語:Shanghai Ghetto)は上海日本占領下の虹口のおよそ一平方マイルの地区。正式には「無国籍難民限定地区」として知られている。ナチス支配下にあったドイツオーストリアポーランドチェコスロヴァキアリトアニアでの迫害から逃れ日本に訪れたユダヤ人は、日本が当時公表していた“無国籍難民の定住と商売の制限に関する声明”[1]によって日本占領下の上海に移住させられた。ゲットーは無祖国難民の限定地区として機能し、20,000人のユダヤ人難民[2]と100,000人の中国人が定住し、貧しい難民が難を逃れ上海に移住するために押し寄せた。

現地のユダヤ人家族とアメリカ系ユダヤ人の慈善団体は彼らを保護し、食事と衣服を与えた[2]。日本の当局は次第にいろいろな制限を強めていき、生活環境は劣悪になっていったがゲットーが封鎖されることは無かった[3][4]。現地の中国人居住者も同様に生活水準は悪かったものの、去ることは無かった。

その背景[編集]

1936年・ドイツ[編集]

1920年代の終わり、ドイツ系ユダヤ人はドイツ国民としてドイツに忠誠を誓っていた。ドイツ社会に同化し、比較的成功するものも多かった。彼らはドイツ軍に仕官し、ドイツに科学、文化、経済面で貢献するものも多かった。しかし、ナチスの台頭する1933年以降、ニュルンベルク法1935年)や水晶の夜1938年)のような国家ぐるみの反ユダヤ主義政策によりドイツ系ユダヤ人は追い立てられて海外に亡命を求めた。しかし、ハイム・ヴァイツマンによると1936年当時の世界の情勢は"世界は二つに分かれている。それらの場所はどちらもユダヤ人が住むことができず、また、入ることも許されなかった。"というものであった。アメリカのユダヤ人移民に関する法案、エビアン・カンファレンスが制定される1930年代終わりまでユダヤ移民に開かれた国を見つけることは不可能に等しかった。

ダナ・ジャンクロウイクスマンの著書[5]によると

ユダヤ人の男性は捕まえられ、強制収容所へ入れられていった。彼らは合計2週間から1ヶ月の去るための時間を与え、その時間内に行く先を見つけるように言った。外では彼らの妻や友人がパスポートビザ、助けてくれる人を得ようと戦っていた。しかし、どの大使館も門を閉ざして開けず、そして続いてアメリカを含む多くの国が国境を封鎖していった。
・・・この噂はウィーンから始まった。・・・そこにはビザ無しでいくことができる。そこには自由に入る権利があるのだ。その話は炎のように広がっていった。そして皆が自由を求めそこに訪れた[6]

1937年・上海[編集]

上海の国際共同租界南京条約によって設置されたものだった。中国当局は警察、施設管理、入国審査の権限をイギリスを始めとした列強に奪われ、自治委員会がこれらを実行していた。第二次上海事変の結果、この地域は大日本帝国に占領されたが、日本軍南京国民政府はパスポートに関する社会体制を整えなかった。このため上海港は世界中で唯一ビザ無しで訪れることのできる場所となった。中国と列強の不平等条約は続いており、上海を訪れるには欧州からの旅券を見せるだけでよかったのである。

ドイツ系ユダヤ人の到着までにも上海には多くのユダヤ人が訪れ、二つのユダヤ人社会を築いていた。カドーリエ家サッスーン家を含む豊かなバグダッド系ユダヤ人社会と、1917年10月革命で国を追われたロシア系ユダヤ人達が築いた上海のロシア系ユダヤ人社会である。

杉原千畝と何鳳山[編集]

ロシア系ユダヤ人社会の多くはリトアニアカウナス日本領事館で杉原千畝に救われた人たちである。上海ゲットーに逃れた人々の中にはミール・イェシーバーの学生や指導者もいた。ポーランドのミール(現在のベラルーシ)にあったミール・イェシーバーはホロコーストを生き延びた唯一のヨーロッパのイェシーバーであった。彼らは自由を求めてソ連の広大な領土列車で越えてきたのである。

同じように1,000人のオーストリア系ユダヤ人がウィーンの中国領事館で何鳳山に救われてやってきた。何鳳山は1938年から1940年の間ベルリンの中国大使の命令に反対してビザを発行し続けた。

訪れたドイツ系ユダヤ人[編集]

チケットを購入した難民はジェノヴァから出航するイタリア日本の客船で旅についた。この3週間の旅は迫害されるドイツとむさくるしい上海ゲットーとの間にあって非現実的なほど娯楽も食事もふんだんにある旅であったと書かれている。いくらかの旅客はエジプトイギリス領パレスチナに行くことを望み、予定外の行動を試みるものもいた。

1938年8月15日、最初のユダヤ人難民がオーストリアからイタリアの船で上海にたどり着いた。1939年の6月には8,200人ものユダヤ人難民がゲットーに到着していた。

ハラス・カドーリエの設立した欧州ユダヤ人移民援助協会、ヴィクトリア・サッスーンパウル・コモルの三者は新たに欧州移民国際協会を設置して、多くの援助を供給した。この組織は国際共同租界フランス租界に比べ比較的安い虹口の避難所に準備された。かれらはみすぼらしいアパートや学校の前の6つの学校に収容された。上海を占領していた日本の占領当局はドイツ系ユダヤ人を「亡国の民」と見ていた。

多くの難民が1937年以降に訪れた。その数は膨れあがり続け、受け入れが困難になっていった。このため1939年からは移民制限が行われた。しかしながら一部のユダヤ人は真珠湾攻撃が始まる1941年12月まで上海に逃れ続けた[7]

ゲットーでの生活[編集]

移民当初から日英米開戦まで[編集]

当局は大規模移民の準備を整えておらず、到着した難民は貧乏な虹口地区で厳しい状況に陥った。10%の家庭が飢餓に近い状態であり、衛生は悪く、雇用は少なかった。写真週報では、ゲットーを「上海のパレスチナ」と表現している[8]

バグダッド系とアメリカ・ユダヤ人共同配給委員会は家を借り、食べ物を供給するいくらかの援助を行った。ユダヤ人難民達は言葉の壁、極端な貧困、蔓延する病気、孤立、等に面していた。しかし、コミュニティーが設立した福祉機関によって徐々に生活の質を変えていった。ユダヤ人の文化生活は繁栄した。学校が設立され、新聞が発行され、劇場での劇の上演、スポーツチームはトレーニングに参加し、競技会とキャバレーさえあったという。

このような生活は1941年12月の日英米間の開戦まで続いた。

日英米開戦以降[編集]

日本がマレー作戦真珠湾攻撃を行って英米間と開戦して以後、英国民が多かったバグダッド系ユダヤ人グループは抑留され米国慈善基金は中止された。大きな資金源であったイギリスやアメリカとの関係が途切れた事から、雇用の悪化とインフレが起こり、再び難民に厳しい時代が訪れた。

上海に訪れたアメリカ・ユダヤ人共同配給委員会の連絡係ラウラ・マーゴリスは日本の当局の許可を得て資金集めの取組みを続け、状況を安定させるように試みた。これを受け、1937年以前に訪れたロシア系ユダヤ人へも支援を行えるようになり、新しい制限も免除された[9][10]

戦争の激化[編集]

第二次大戦が枢軸の劣勢に入るとドイツ政府は日本政府に対して上海のユダヤ人を引き渡すよう圧力を掛けた。ウォーレン・コザックは日本の上海市軍政府がユダヤ人指導者を呼びに来た際のエピソードを書いている。代表団にはアムスィノヴァー・ラビ・シモン・カリッシュがいた。日本の政治家は興味を持って聞いた。「どうしてそこまでドイツ人はあなたたちを嫌うのだ?」

カリッシュは行政者の返事を聞いて彼の共同体の運命を知るために、躊躇せずイディッシュで翻訳者に言った。"Zugim weil mir senen orientalim(ドイツ人は我々が東方にいるから嫌っているのだといってくれ。)"[11]

そこに出席したほかのラビによると、カリッシュの答えは「彼らは我々の短く暗い色の髪が嫌いなのだ。」であったという。Orientalimはイスラエルの専門的な単語であるため、実際には言われていないと考えられている。行政者は議論中常に厳格な顔だったが、僅かに微笑んだ。日本とドイツの軍事同盟にもかかわらず、彼はドイツの要求に応じず、上海のユダヤ人がドイツに引き渡されることは無かった。

1942年11月15日、ゲットーの制限案が承認された。また1943年2月18日、日本の当局は「無国籍難民指定区域」を宣言し、1937年以降に訪れた難民に居住可能範囲と営利事業の可能な範囲を一平方マイルに制限することを命令し、5月15日までにその区域に移住するように命令した。無国籍難民は財産を処分するために日本の許可を必要とし、他のものもゲットーに移住する許可を必要とした。それまでゲットーには有刺鉄線も外壁も無かったが、これ以降は外出禁止令が敢行され、地域は警邏されたうえ、食料は配給制になり、区域からの出入りにはパスが必要になった[3]

デビッド・カンツラー(David Kranzler)博士によれば、

このため、おおよそ人口の半分、16000人の難民が大きな難関に差し掛かった。暮らしの手段を見つけ、もう一度「指定区域」外での住居や職から去らねばならず、10万人の中国人と、8000人の避難民であふれる一平方マイルに満たない狭い地域に再移住しなければならなかった[12]

とある。

ゲットーの外での働くために一時通行券が支給され、適宜許可された。一時通行券は初年以降大幅に削減された。しかし、中国人が虹口のゲットーを去らなかったということは、ゲットーは隔離されていなかったことを示している。にもかかわらず、経済的には困窮した。心理的ゲットー化の調節は厳しかった。1943年の冬には特に深刻で、飢えが蔓延した[4]

連合国軍による上海空襲は1944年から始まった。最も徹底的な空襲は1945年7月に日本の虹口ラジオ局に対して行われたものであり、31人の難民が死亡し、500名のけが人、700名もの放浪者を出した。

ゲットーのアメリカ系やイギリス系のユダヤ人の中には、日本軍に対する抵抗活動を始めるものもいた。彼らは地下組織のネットワークに参加し情報を手に入れ、伝え合った。日本の施設でのサボタージュを行い、撃墜されたアメリカ軍のパイロットを中国の支配地域に逃げさせることを手伝った[4]

解放後[編集]

ゲットーは公式には1945年9月3日に解放された。そのしばらく後、蒋介石中国国民党の軍が上海解放のために進駐した。1948年イスラエル国家の建設、1949年の国民党の敗退と中華人民共和国建国によって、ユダヤ人はほとんどが上海から去った。1957年には上海に残ったユダヤ人は100名しかおらず、現在では数名住んでいるかいないかである[4]

イスラエル政府は諸国民の中の正義の人の栄誉を1985年に杉原千畝に、2001年に何鳳山に与えた。

イスラエルと中華人民共和国の外交関係は1992年に結ばれ、ユダヤ人と上海のかかわりがいろいろ認識されるようになった。2007年、イスラエルの上海総領事館は、26のイスラエルの会社から寄付された66万人民元を、虹口の地域共同体計画に対して寄付した。ゲットーを設け難民を受け入れたことに感謝して寄付されたと認識されている[13]

参照[編集]

  1. ^ Proclamation Concerning Restriction of Residence and Business of Stateless Refugees
  2. ^ a b Shanghai Jewish History (Shanghai Jewish Center)
  3. ^ a b Shanghai Ghetto Shows a Hidden Piece of WWII History By Kimberly Chun (AsianWeek)
  4. ^ a b c d The Jews of Shanghai. The War Years by Murray Frost
  5. ^ Manchester Guardian, May 23, 1936, cited in A.J. Sherman, Island Refuge, Britain and the Refugees from the Third Reich, 1933–1939, (London, Elek Books Ltd, 1973), p.112, also in The Evian Conference — Hitler's Green Light for Genocide by Annette Shaw
  6. ^ Europe’s Harms to China’s Arms by Sally Ogle Davis and Ivor Davis (Jewish Journal) October 4, 2002
  7. ^ The Ghosts of Shanghai by Ron Gluckman
  8. ^ 「写真週報 105号」p.10
  9. ^ Special Tributes. Laura Margolis, Rescuer of Jews A Testimonial by Ernest G. Heppner, Author of Shanghai Refuge: A Memoir of the World War II Jewish Ghetto
  10. ^ Forgotten Heroes of the Holocaust
  11. ^ The Rabbi of 84th Street: The Extraordinary Life of Haskel Besser by Warren Kozak (HarperCollins, 2004) ISBN 0-06-051101-X p.177
  12. ^ Japanese, Nazis and Jews: The Jewish Refugee Community in Shanghai, 1938–1945 by David Kranzler, p.491.
  13. ^ China News Agency. 2006年6月7日 以色列企业捐款上海 感谢二战时接纳犹太难民 (Israeli companies donate to Shanghai - gratitute for accepting Jewish refugees in World War II). People's Daily. 2006年6月7日、閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]