上村建也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上村 建也(うえむら たつや、1960年6月23日 - )は、プログラマー、ゲームミュージック作曲家で、現在は有限会社マジックシード代表取締役。兵庫県出身。

略歴[編集]

学生時代はバンドでギターを担当。同志社大学卒業後、音楽スタジオに就職するがすぐに退社、その後株式会社オルカに入社する。程なくしてオルカは倒産するも、残されたメンバーで設立されたクラックス(CRUX)に参加、『リパルス』(セガ/九娯貿易)の制作に携わる。その後、新たに設立された東亜プランに移籍し、プログラムとサウンドを担当。楽曲は特徴的なベースラインで知られた。

東亜プラン倒産後はガゼルに参加、『アクウギャレット』ではディレクターを務めるも会社が崩壊、同じく東亜プランを源流に持つケイブに合流し、取締役開発本部長に就任する。1999年には同業他社製品である『バトルバクレイド』(ライジング)のサウンドドライバーを手がけるなどしている。2004年5月取締役を辞任する。その後は『鋳薔薇』攻略DVD付属のCDでのリアレンジなど、活動を続ける一方、有限会社マジックシード代表取締役として、携帯電話用コンテンツを運営している。

2012年、イベントにて32年ぶりにステージでギターを弾いたことに端を発し、翌2013年6月に自身のバンド「U-Brand」を結成。イベントにて『究極タイガー』や『ドギューン!!』などの自作曲を演奏している。

作品[編集]

特記がない限り、すべてアーケードゲーム。(S)はサウンド、(Prg)はプログラムを表す。

東亜プラン時代[編集]

ガゼル時代[編集]

  • 1996年 アクウギャレット(ディレクター)

ケイブ時代[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]