上大月駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上大月駅*
上大月駅(2006年2月撮影)
上大月駅(2006年2月撮影)
かみおおつき - Kamiōtsuki
FJ01 大月 (0.6km)
(2.4km) 田野倉 FJ03
所在地 山梨県大月市大月二丁目223-3
駅番号 FJ02
所属事業者 富士急行
所属路線 大月線
キロ程 0.6km(大月起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
17人/日
-1982年-
開業年月日 1929年昭和4年)6月19日
備考 標高:358m
無人駅
* 1934年までに大月橋駅から改称

上大月駅(かみおおつきえき)は、山梨県大月市大月二丁目にある富士急行大月線駅番号FJ02

普通列車のうち上下各1本は当駅を通過する。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。線路はカーブしながらほぼ南北に走り、ホームは西側にある。無人駅駅舎はないがホームの上に小さな待合所が置かれている。

切り通しの内部に線路が走り駅が設けられている。駅の大月方では線路を国道20号が橋で渡っているが、駅から外部へは待合所脇からこの国道へのびる細い坂道を使って出る。

駅周辺[編集]

JR中央本線と離れてすぐのところにある駅で、周囲は大月の市街地である。駅周辺には大月市立大月東中学校や山梨県立都留高等学校(そのグランドの真下を当路線が通過する)があり、さらに西側には大月市立中央病院などがある。大月市役所は駅から300メートルほどと近いが、大月駅からでも同じほどの距離である。

駅の西すぐで国道20号から国道139号が分岐し、駅の西250メートルほどのところで桂川笹子川が合流する。鉄道・道路・河川がこの駅の周辺で分岐をしていて、線路は以後富士吉田方面へ桂川と国道139号に並行して走っている。

路線バス[編集]

国道20号上にある都留高校前バス停(徒歩2分)や市役所前バス停(徒歩4分)から路線バスが発着している。上側の表は両方のバス停を通るバスを、下側の表は市役所前バス停のみ通るバスを掲載している。

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
都留高校前
市役所前
  新田線 大月中央病院前下真木初狩駅前笹子駅前 新田 富士急山梨バス
大月東中学校・大月中央病院前・下真木・
大月第一中学校・初狩駅前・笹子駅前
新田
桑西線 大月中央病院入口・下真木 ハマイバ前
上真木
大月中央病院前・下真木 ハマイバ前
上真木
    大月中央病院前
都留大月線 田野倉禾生駅前 都留市駅 平日1本のみ
      大月駅
日影、循環線 大月駅・岩殿・日影入口 日影
竹の向・上和田・
浅川・奈良子線
大月駅・猿橋駅・田無瀬・浅川入口 竹の向
上和田
大月駅・猿橋駅・田無瀬・奈良子・浅川入口 浅川 平日1本のみ
新倉・山谷線 大月駅・猿橋駅・猿橋鳥沢駅前 山谷 平日1本のみ
大月駅・猿橋駅 猿橋 平日1本のみ
藤崎・桂台線 大月駅・猿橋駅・関屋・四季の丘 藤崎 平日のみ
朝日小沢線 大月駅・猿橋駅・関屋 朝日小沢上 1本のみ
宮谷線 大月駅・猿橋駅・百蔵山入口 堀江製作所
市役所前   桑西線 大月東中前・大月中央病院入口・下真木・上真木 ハマイバ前 富士急山梨バス
西奥山線 大月東中入口 西奥山
日影、循環線   大月東中前 平日のみ
  日影、循環線 大月駅・岩殿・日影入口 日影
大月駅・岩殿・日影入口・田無瀬・猿橋駅 大月駅 平日のみ

利用状況[編集]

1982年昭和57年)の年間乗降客数は6,236名であった。[要出典]

歴史[編集]

  • 1929年(昭和4年)6月19日 - 大月橋駅として開業。
  • 1934年(昭和9年)までに上大月駅に改称。

隣の駅[編集]

富士急行
大月線
フジサン特急・快速「富士登山電車」
通過
普通(一部列車は通過)
大月駅 (FJ01) - 上大月駅 (FJ02) - 田野倉駅 (FJ03)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]