三項式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三項式(さんこうしき、英語: trinomial)は、初等代数学において3つの単項式から成る、多項式の一種である。

三項式の表現例[編集]

  1. 3x + 5y + 8zx, y, z変数
  2. 3t + 9s^2 + 3y^3t, s, yは変数)
  3. 3ts + 9t + 5st, sは変数)
  4. A x^a y^b z^c + B t + C sx, y, z, t, sは変数、a, b, c自然数A, B, Cは任意の定数
  5. Px^a + Qx^b + Rx^cxは変数、定数a, b, cは自然数、P, Q, Rは任意の定数)

三項方程式[編集]

三項方程式(さんこうほうていしき、英語: trinomial equation)は3つの項からなる多項方程式。例えば、三項方程式x = q + x^m18世紀ヨハン・ハインリッヒ・ランベルト研究した[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Corless, R. M.; Gonnet, G. H.; Hare, D. E. G.; Jerey, D. J.; Knuth, D. E. (1996). “On the Lambert W Function”. Advances in Computational Mathematics 5 (1): 329–359. doi:10.1007/BF02124750. http://www.cs.uwaterloo.ca/research/tr/1993/03/W.pdf. 

外部リンク[編集]