三菱・ランサーWRC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランサーWRC'04

ランサーWRC(ランサーダブリューアールシー、Mitsubishi Lancer Worldrallycar)は、三菱自動車世界ラリー選手権WRC)に出場するために製作した競技専用車。


開発経緯[編集]

1993年からWRCに投入された一連のランサー・エボリューションシリーズ(通称:ランエボ)は、三菱が先陣をつけて開発したアクティブ・デファレンシャルとトミ・マキネンとのドライブで成功をおさめた。しかし、1997年からFIAが導入したワールドラリーカー規定によってライバル群が広い改造範囲で戦力を上げるにつれ、ランサーも改良のレベルでは対抗出来なくなり、2001年にワールドラリーカーへ移行を決定。その特例措置でストロークを増大したリアサスペンションと軽量フライホイールを装着したランエボⅥトミ・マキネンエディション(通称:エボ6.5)で前半戦を、後半戦のサンレモでランサー・エボリューションWRCを投入した。

ランサーエボリューションWRC2

しかし、開発を担うベルナール・リンダウアー率いるラリーアート・ヨーロッパ(RAE)の慢性的な人員不足で計画が進まず、マキネンの腕を持ってしてもグループA時代のような速さは適わず低迷。翌2002年も中盤のフィンランドで改良版のランエボWRC2を投入するものの、先代マシンで悩まされたコーナー進入時の過大なアンダーステアと、慢性的なトラクション不足は解消されず、凹凸が少なくクリアな路面のニュージーランドでヤニ・パーソネンが一時トップ5に絡む走りを見せたが、大半のラリーでは下位チームとトップ10争いをするのがやっとであった。そして三菱は2003年のWRC活動休止を発表。その後は新マシン開発に専念し、ランサーWRCが登場した。

概要[編集]

ボディは同じランサーベースながら、サスストロークをより確保するためにホイールハウスを拡大、先代の欠点であった路面の追従性を引き上げた。外観はより大型のリアスポイラーを設置、フロントもオリビエ・ブーレイがデザインする以前のランサー・セディアをベースにしたものに変更されている。マシン開発はプジョー時代に206WRC開発に携わっていたマリオ・フォルナリスが、チーフエンジニアとして主導した。

エンジン・ギアボックス[編集]

パワートレーンは従来の4G63ユニットを引き続き使用するものの、長年、三菱のWRCエンジン開発を手がけているHKSによりチューニングされている。また、グループA時代からの悩みであったフロントヘビーに対処するため、エンジンはワールドラリーカー規定一杯まで後方に傾けて搭載されている。ギアボックスはパリダカで実績のあるイギリスのリカルド社製を採用した。

駆動系[編集]

2004年モデルはフロント、センター、リヤともに機械式が採用されたが、2005年モデルはセンターのみアクティブ・デフが投入された。

WRCでの活動[編集]

マシン開発は2003年の12月に終了し、2004年度の開幕戦を迎える。

2004年、チームは三菱のモータースポーツ部門のラリーアートによる組織編成で、従来のRAEに代わり2003年に誕生したMMSP三菱自動車モータースポーツ)が運営。エースドライバーにジル・パニッツィを迎え、初戦のモンテカルロに挑んだ。結果、総合6位に入る堅実な滑り出しであったが、その後もチームの人員不足により、マシンの信頼性は上がらず、開発も進まなかった。そして中盤のラリージャパンを前に再び三菱は再びWRC休止を発表、再度参戦した終盤戦のカタルニアでは開幕戦以来のトップ5入賞している。前年の反省から2005年仕様は信頼性を重視した開発が行われた。これにより機械式のデフは電子制御に変わり、ギアボックスもセミオートマチックシフトに変更された。ドライバーはパニッツィのほかにハリ・ロバンペラジャンルイジ・ガリを加えた。これらの成果により、まず開幕戦でパニッツィがワールドリーカー移行以来、三菱に久々の3位表彰台を、最終戦のオーストラリアでもロバンペラが2位となり、ランサーWRC05は先代2004年モデルよりも堅実に成績を残した。

ランサーWRC'05

しかし、三菱のラリー予算削減の影響で、電磁クラッチを用いたアクティブデフを新開発、テストする余裕が無くなり、対策としてデフ制御も兼ねる圧縮空気を用いたセミオートマチックギアボックスを投入するが、これは様々なトラブルの温床となり、結果を出せなくなった(この失敗が遠因でフォルナリスは更迭される)。

ワークス活動終了・その後[編集]

2005年12月に三菱は経営建て直しのため、この年一杯で3度目のWRC休止を表明。これにともない三菱のワークスラリー活動は終了した。しかし、プライベーター向けのカスタマーサービスは2006年以降も継続され、マシン開発も小規模ながら続けられた。本来はワークスカーに投入予定であった、BOS製ダンパーの効果で2006年のスウェディッシュではダニエル・カールソンが3位に入る活躍をみせた。 2007年は本来認められないマニュファクチャラー未登録マシンであったにも関わらず、チームは改良型インジョクターとリアクロスメンバーを他のワークスチームの同意を得て投入。これらの改良で善戦するが、その年の中盤にMMSPとしての活動を終了した。現在、イギリス・ラグビーにあったMMSPのワークショップは、ワークスチームの元オペレーション・チームディレクターであったJohn Eastonに引き継がれ、MML Sportsとして、ランサーWRC05のレンタル・販売事業を行っている。その後はヨーロッパ各国の国内選手権などに参戦し、Csaba Spiczmullerが2008年のハンガリー選手権を制している。

関連項目[編集]