御田八幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三田八幡神社から転送)
移動: 案内検索
御田八幡神社
Mita-Hachiman-jinja inner shrine.JPG
本殿
所在地 東京都港区三田3-7-16
位置 北緯35度38分35.35秒
東経139度44分29秒
主祭神 誉田別尊命
天児屋根命
武内宿禰命
社格 式内社・郷社
創建 和銅2年(709年)
例祭 8月15日
テンプレートを表示

御田八幡神社(みたはちまんじんじゃ)は、日本東京都港区三田にある神社である。

誉田別尊命(ほんだわけのみこと、八幡神)を主祭神とし、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、武内宿禰命 (たけのうちすくねのみこと)を配祀とする。

海側斜面に位置する。江戸時代には直ぐ正面に東海道が走り、その向こうは江戸湾の海浜が開け、さぞかし風光明媚であったと考えられる。明治40年代芝浦の埋め立てが始まりその面影を失うことになる。周囲の木々の剪定は最低限にとどめられ、あたり一面薄暗く蕭蕭とした雰囲気を漂わせている。

平成21年には鎮祀1300年記念として、8月1日に式年例祭が、2日には御神輿渡御が斎行される。

歴史[編集]

和銅2年(709年)8月、東国鎮護の神として牟佐志国牧岡の地に祀られたのに始まる。寛弘7年(1011年)、武蔵国御田郷久保三田に遷座し、嵯峨源氏渡辺一党の氏神として尊崇された。延喜式神名帳には「武蔵国荏原郡 稗田神社(ひえだじんじゃ)」として記載されている。ただし、「延喜式内稗田神社」は、大田区蒲田の稗田神社・東六郷の六郷神社も論社となっている。

徳川家康の江戸城入城の際に奇瑞があったことから、現在地である荏原郡上高輪村海岸を開拓して社殿を造営し、寛文2年(1662年)8月に遷座が行われた。しかし、寛文8年2月の大火により社殿は全焼、仮殿が伊皿子坂薬師寺に置かれた。寛文12年8月に社殿が再建され再度遷座された。

慶応元年(1865年)に神祇官により延喜式記載の「稗田神社」に改称、明治5年(1874年)に「三田八幡神社」に改称し、郷社に列した。明治30年(1897年)に「御田八幡神社」に復した。昭和20年の東京大空襲で寛文12年造営の社殿が焼失し、戦後の昭和29年に復興された。

建造物[編集]

  • 社殿 - 本殿、幣殿、拝殿
  • 境内神社 - 五光稲荷神社・御嶽神社
  • 境内地 - 2975.9平方メートル
  • 境内建物 - 神楽殿、手水舎、社務所

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]