三浦雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三浦 雄一郎みうら ゆういちろう1932年10月12日 - )は、青森県青森市生まれのプロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等学校校長全国森林レクリエーション協会会長札幌市手稲区親善大使[1]

父の三浦敬三も山岳スキーヤーで、長男の三浦雄大は競技スキーヤー、二男の三浦豪太リレハンメルオリンピック長野オリンピック出場したフリースタイルスキーモーグル選手。母方の祖父は、第15回衆議院議員総選挙青森県第5区[2]選出議員の小泉辰之助[3]

略歴[編集]

幼少期は病弱で劣等生[3]、幼稚園は中退[4]、小学校4年生から5年生時には結核肋膜炎を患い長期入院のため一年の半分近くは学校に通えなかったほどだったという。農林省(現・農林水産省)営林局に勤めていた父の仕事の都合で小学校[5]は5回転校、旧制中学校は先述の健康問題が理由で1度旧制黒沢尻中学校(現・岩手県立黒沢尻北高等学校)への入試に失敗し小学生浪人、入学後も4回転校を繰り返した[3]

初めてスキーに接したのは小学校2年時、当時住んでいた弘前市弘前城公園の坂をスキーで滑ったのがきっかけで[4]、その後一家で仙台市郊外の農場に引っ越した際に本格的にスキーを始め[3]旧制青森中学校在学時に岩木山で開かれたスキー大会で優勝し初タイトルを獲得する。青森県立弘前高等学校在学時に、全日本スキー選手権大会滑降競技で入賞、青森県高等学校スキー大会で3年連続個人優勝するなどの実績を重ねた。また同時期、スキージャンプを借り物のスキーで初めて飛んだにもかかわらず、県の二位に入ったこともある[4]

大学進学において、スキーが出来るからという理由で北海道大学を受験先に選び、入学試験直前にもかかわらず「もう来れないかもしれない」と考え藻岩山でスキー三昧だったものの合格し、獣医学部に進学[4]北海道大学では一般教養部で当時理学部に在籍していた作家の渡辺淳一と同期だったがのちに、渡辺は札幌医科大学に転校した。

在学中に当時の学長秘書、かつアルペンスキーの女子選手だった妻・朋子と出会い同棲の後結婚[3]、大学院進学、そしてアメリカ留学を希望していたものの、肺の病気を患い、暫く母校の北大獣医学部に助手として勤務、札幌市月寒(現・札幌市豊平区月寒)にあった当時の北大農事試験場でブタやウシをあつかう獣医師をしていた[4]が、26歳で助手の職を辞任、スキーに挑戦するも、優勝した全日本スキー選手権青森県予選閉会式で、全日本選手権への青森県からの派遣人数をめぐりスキー連盟関係者と対立、結局アマチュア資格を剥奪され、アマチュアスキー界永久追放の憂き目に遭う[3]

アマチュア資格剥奪後暫く、体力を鍛え直す意味も込めて、北アルプス立山ボッカとして働いていた[3]

1960年代始め頃からスキー学校を開設し[6]、1962年、アメリカ合衆国でスタートしたばかりの世界プロスキー選手権に参加、トニー・ザイラー冬季オリンピックの元メダリストも名を連ねる大会で世界ランク8位となるなど[3]、 プロスキーヤーとして活躍、1964年7月イタリアで開催されたキロメーターランセに日本人で初めて参加、時速172.084キロの当時世界新記録を樹立(なお、この前後に3度転倒し、「世界で最も速い速度で転倒して無傷で生還する」という珍記録も樹立している)。なおこれに先立ち、防衛庁(現・防衛省航空研究所風洞実験室を使用し、空気抵抗の少ないスキーウェア開発も試みている[3]

1966年4月、富士山での直滑降を成功させる。この時にブレーキとして使用したパラシュートが、パラグライダーが作られるきっかけとなったという[7]

1970年5月にはエベレストのサウスコル8000m地点からの滑降(ギネスブックに掲載)を成功させ、その映像が『The Man Who Skied Down Everest』(「エベレストを滑った男」)というタイトルでドキュメンタリー映画化され、アカデミー賞記録映画部門で賞を獲得した[3]。挑戦に際しては、当時の費用で3億円が必要だったが、本田宗一郎松下幸之助佐治敬三など財界の大物に直接交渉し寄付金を集め、さらにはその寄付金に対して掛かる約50%の税金を免除してもらおうと、当時の大蔵大臣だった福田赳夫に直接交渉、同年に開催された日本万国博覧会ネパール館への寄付扱いとすることで課税免除にするという案を引き出した[7]。最終的に、54歳で南アメリカ大陸最高峰アコンカグアからの滑降を成功させたことにより、世界七大陸最高峰全峰からの滑降を成功させた[3]。しかしその後目標を失い、不摂生な生活を送った挙句、身長164 cmに対し体重85 kg超、血圧は200近くまで上がり、不整脈まで出る不健康な状態となってしまう[3]。しかし、99歳にしてなおモンブラン氷河の滑降という挑戦を続ける実父や、オリンピックに出場した次男の豪太らを見て改心、65歳の時に、5年後の70歳でエベレスト登頂を果たすという目標を立て、外出時には常に両足に重りを付け20 kg近いリュックを常に背負うというトレーニングを再開、当初は藻岩山登山ですら息切れするという体たらくだった体力を回復させ、2003年5月22日、世界最高峰のエベレストに世界最高齢(ギネスブックに掲載)となる70歳7か月での登頂を果たす。同時に二男・豪太との日本人初の親子同時登頂も遂げた。


1971年スポーツ英雄大賞(スペイン)、1975年に米アカデミー賞(長編記録映画部門)=「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」。1992年4月からクラーク記念国際高等学校北海道深川市納内)校長。2006年6月からNPOグローバル・スポーツ・アライアンス理事長を務める。

1995年4月、友人である平成維新の会代表・大前研一が月刊誌『文藝春秋』(3月号)上で発表した新・薩長連合結成宣言知事連盟構想に呼応して、新人対決の1995年北海道知事選挙に出馬したが新進党推薦の前副知事堀達也自民党推薦伊東秀子の争いに埋没し得票率7パーセント弱で供託金没収の大惨敗(大前は1995年東京都知事選挙に立候補)。同年7月の第17回参議院議員通常選挙には、同じく平成維新の会公認候補(比例代表制名簿2位)として出馬している(いずれも落選)。

2005年6月、全国森林レクリエーション協会会長に就任。

2006年9月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載する。

2008年5月26日、75歳(世界歴代2位)でエベレストに再登頂した。その前日に76歳で登頂を果たしたとされるネパール人男性ミン・バハドゥール・シェルチャンの記録については、年齢を実証する書類、また登頂成功を証明する書類が存在しないことから認定されず、ギネスブックには三浦が最高齢登頂者として認定された。これに対してシェルチャン側が書類を揃え、再度、申請を行い、2009年11月23日にシェルチャンに認定証が授与された[8][9]

2009年2月、札幌市内のスキー場でコース内に作成されたバンクから飛び出し骨盤を骨折。手術後リハビリに励み回復した。

2010年、オーストリア・アルベルト・シュバイツァー協会よりアルベルト・シュバイツァー章受章

2012年10月、2013年春に80歳で3度目のエベレストに再登頂することを会見で発表した。

2013年5月23日、3度目のエベレスト登頂に成功した。エベレスト登頂の歴史で最高齢登頂者となる。下山中に体調を崩し、標高6500mのキャンプ2から標高5300mのベースキャンプまではヘリコプターを使って下山した。この登頂成功が三浦アワード創設のきっかけとなった。三浦の成功を知ったシェルチャンは、81歳で登頂を試みるが途中で胸痛が出現し、5月28日断念して下山した[10]

著書[編集]

  • 横田祐介撮影『新しいスキー読本:はやくうまくなるコツ』(山と溪谷社,1961年)
  • 『スキーがうまくなる本』(山と溪谷社,1962年 )
  • 横田祐介撮影『雪と太陽:スキーのバリエーション』(山と溪谷社,1963年)
  • 『スキー武者修行』(山と溪谷社,1963年)
  • 『スキー超特急:時速172kmの滑降』(山と溪谷社,1964年)ISBN 4-12-201085-3
  • 三浦敬三,三浦雄一郎著『三浦スキースクール』(ラジオ技術社,1965年)
  • 『すばらしきスキー野郎 』(冬樹社,1966年)
  • 『体験的スキー術:ドルフィンテクニック』(冬樹社,1966年)
  • 『日本人のスキー』(文藝春秋,1967年)
  • 三浦雄一郎,三浦敬三著『スキー冒険野郎』(秋田書店,1967年)
  • 藤川清写真『飛翔』(冬樹社,1968年)
  • 『エベレスト:日本エベレスト・スキー探検隊の記録』(文藝春秋,1970年)
  • 『エベレスト大滑降』(文藝春秋,1970年)ISBN 4-06-134170-7
  • 『三浦雄一郎の敗けない男の子にする本:父親は息子をどう鍛えたらよいか』(主婦と生活社,1976年)
  • 『三浦雄一郎のスキー上達法』(ひかりのくに, 1976年)
  • 『地球が俺の仕事場だ! 』(ダイヤモンド社,1977年) 
  • 『エベレストを滑った男』(北洋社,1977年)
  • 『スキー入門:三浦雄一郎の直撃コーチ!』(小学館,1978年)
  • 『三浦雄一郎の子育て奮戦記』(大学教育社,1981年)
  • 『人生への挑戦』(聖教新聞社,1981年)  
  • 『男、冒険、人生』(潮出版社,1982年)
  • 『冒険への旅立ち』(日本放送出版協会,1982年)ISBN 4-14-014063-1
  • 『血液循環がよくなり体がメキメキ強くなる:自分に自信がつくストレッチング公開』(経済界,1983年) ISBN 4-7667-0074-0  
  • 『親の子離れ子の親離れ:今、親の非が、子供を非行に走らせている!』(シンコー・ミュージック,1983年) ISBN 4-401-61136-5
  • 三浦雄一郎,スノードルフィンスキーチーム著『三浦雄一郎の初・中級スキー・テクニック』(スキージャーナル,1984年)ISBN 4-7899-1069-5
  • 『50歳はスタートだ:南極最高峰への挑戦』(山と溪谷社,1985年)ISBN 4-635-04034-8
  • 『スキー教室:君も名選手になれる』(成美堂出版,1985年)ISBN 4-415-01212-4
  • 『かならずすべれるスキー初級テクニック』(小学館,1986年)ISBN 4-09-220197-4
  • 『すべってころんで青春記』(山と溪谷社,1986年)ISBN 4-635-33011-7
  • 『冒険野郎世界をすべる:なき虫少年のでっかい夢』(ポプラ社,1986年)ISBN 4-591-02332-X
  • 三浦雄一郎,スノードルフィン・スキーチーム著『最新初歩のスキー・テクニック』(成美堂出版,1986年) ISBN 4-415-01231-0
  • 三浦雄一郎&スノードルフィン・スキーチーム著『スキーイング:ボーゲンからの感覚スキー術』(千早書房,1988年) ISBN 4-924784-12-5
  • 『エベレストを滑った男:冒険に生きる』(筑摩書房,1988年)ISBN 4-480-04112-5
  • 三浦雄一郎&スノードルフィン・スキーチーム著『スノードルフィンの初歩のスキー』(成美堂出版,1990年) ISBN 4-415-01261-2
  • 『三浦雄一郎スキーmagic:雪に夢と自由を描いて』(同文書院,1991年)ISBN 4-8103-9012-8
  • 『スキー教室』(成美堂出版,1994年)ISBN 4-415-01296-5
  • 『冒険から世界は広がる』(NTT出版,1994年)ISBN 4-87188-364-7
  • 『高く遠い夢:70歳エベレスト登頂記』(双葉社,2003年)ISBN 4-575-29577-9
  • 三浦敬三,三浦雄一郎,三浦豪太著『三浦家のいきいき長生き健康法』(廣済堂出版,2004年)ISBN 4-331-51039-5
  • 『三浦雄一郎が教える突然うまくなるスキー』(実業之日本社,2005年)ISBN 4-408-61132-8
  • 『三浦雄一郎の元気力:"Can do spirit" makes anything possible』(小学館,2005年)ISBN 4-09-387555-3
  • 三浦敬三,三浦雄一郎,三浦豪太著『三浦家の元気な食卓:驚くべきパワーの秘密』(昭文社,2005年)ISBN 4-398-20601-9
  • 『人生はいつも「今から」』(ロングセラーズ,2006年)ISBN 4-8454-2085-6
  • 三浦雄一郎,竹村健一著『人生のレールは一本ではない:悔いのない生き方をしよう』(太陽企画出版,2007年) ISBN 978-4-88466-434-3
  • 三浦雄一郎,三浦豪太,小堀隆司著『生きがい。』(山と溪谷社,2008年)ISBN 978-4-635-33030-5
  • 『冒険家:75歳エベレスト挑戦記』(実業之日本社,2008年)ISBN 978-4-408-45165-7
  • 『75歳のエベレスト』(日本経済新聞出版社,2008年)ISBN 978-4-532-26017-0
  • 『デブでズボラがエベレストに登れた理由:三浦雄一郎流「生きがい」健康術』(マガジンハウス,2008年) ISBN 978-4-8387-1919-8
  • 『若く生きる:食こそ情熱を燃やす糧』(角川SSコミュニケーションズ,2008年)ISBN 978-4-635-33030-5

関連書籍[編集]

  • 小谷明撮影『エベレスト:日本エベレスト・スキー探検隊の記録』(文藝春秋,1970年)
  • 三浦敬三著『大滑降への50年:エベレスト・富士・八甲田』(実業之日本社,1970年)
  • 五十嵐謙著, 正井滋魚等絵,三浦雄一郎監修『スキー入門:短期間で上達するコツ』(秋田書店,1972年)
  • 西堀栄三郎ほか著『二十歳の世代へ伝えたい』(PHP研究所,1977年)
  • 三浦恵美里著『フラスコの中の冒険:12歳からのアメリカ留学奮戦記』(山と渓谷社,1986年)ISBN 4-635-33012-5
  • 長尾三郎著『マッキンリーに死す:植村直己の栄光と修羅』(講談社,1986年)ISBN 9784061844384
  • NHK編『NHK文化講演会.14』(日本放送出版協会,1986年)ISBN 4-14-008504-5
  • 三浦雄一郎監修,ミウラ・ドルフィンズ編『スキーマップル全国.1998』(昭文社,1998年)ISBN 4-398-15042-0
  • 三浦雄一郎監修,ミウラ・ドルフィンズ編『スキーマップル東北.1999』(昭文社,1998年)ISBN 4-398-22659-1
  • 三浦雄一郎監修,ミウラ・ドルフィンズ編『スキーマップル関西・中部:北陸・中国.1999』(昭文社,1999年)ISBN 4-398-22661-3
  • 三浦雄一郎監修,ミウラ・ドルフィンズ編『スキーマップル関東甲信越・東北.2001版』(昭文社,2000年)ISBN 4-398-22921-3
  • 三浦豪太著『父の大きな背中:三浦雄一郎と僕の冒険物語』(実業之日本社,2003年)ISBN 4-408-61108-5
  • 植村直己述,文藝春秋編『植村直己、挑戦を語る』(文藝春秋,2004年)ISBN 4-16-660390-6
  • 村口徳行著『四度目のエベレスト』(小学館,2005年)ISBN 4-09-411641-9
  • 三浦雄一郎ほか述,北海道新聞社編『いま語る私の歩んだ道.2』(北海道新聞社,2006年)ISBN 4-89453-356-1

出演CM[編集]

出演TV[編集]

ほか多数

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 札幌市手稲区役所HP>手稲区"まちのできごと"紹介>「冒険家・三浦雄一郎氏に手稲区親善大使を委嘱」(2013年(平成25年)11月19日)
  2. ^ 当時。現在の青森県第1区管内。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 人生のレールは一本ではない:悔いのない生き方をしよう 三浦雄一郎・竹村健一 太陽企画出版
  4. ^ a b c d e 道新小学生新聞から 子供だったころ エベレスト最高齢登頂者 三浦雄一郎さん 北海道新聞 2004年5月8日付記事
  5. ^ 尋常小学校および国民学校含む
  6. ^ 1963年(昭和38年)秋、猪苗代のエバニュースキー学校(現・三浦雄一郎スノードルフィンスキースクール)”. 2009年5月17日閲覧。
  7. ^ a b 『仕事学のすすめ』2012年9月13日放送分
  8. ^ “三浦さんエベレスト登頂、最高齢でなかった”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年11月24日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20091124-OYT1T01115.htm 2009年11月24日閲覧。 
  9. ^ “ギネス、ネパール人男性の最高齢エベレスト登頂認定 三浦さん残念”. AFPBB. (2009年11月24日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2666954/4950655 2009年11月24日閲覧。 
  10. ^ ネパールの81歳、エベレスト断念 「胸に痛み」最高齢登頂ならず 朝日新聞デジタル 2013年5月29日

外部リンク[編集]