三木行治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三木行治像

三木 行治(みき ゆきはる、1903年5月1日 - 1964年9月21日)は、日本の医師政治家岡山県知事。水島臨海工業地帯の誘致など岡山県の発展に貢献したことが認められ、日本人で初めてマグサイサイ賞を受賞した。

略歴[編集]

本人が提唱した事業[編集]

死後[編集]

マグサイサイ賞の受賞金は郷土の発展に役立てたいとの考えから全額県に寄付され、この受賞金と県民からの寄附金を中心に岡山県三木記念事業基金が1965年に設置された。

また岡山県下にアイバンクを設置して自ら第1号の登録者となったことから、二人の女性に三木の角膜が移植された。

外部リンク[編集]