三春駒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三春駒(みはるごま)とは福島県郡山市伝統工芸品郷土玩具である。

概要[編集]

坂上田村麻呂が、793年蝦夷征伐の際に苦戦していたところ、どこからともなく現れた木馬に助けられたという伝説から生まれた子供玩具「子育木馬」が発祥とされる。黒色の物と白色の物がある。

もともと三春駒の本当の名前は「高柴木馬(たかしばきんま)」といい、三春張子のことを「高柴張子」と呼んでいた。 江戸時代に書かれた由来所には一切「三春駒」という名は使われていない。

また、江戸時代三春藩領は貧しい藩だったが、唯一 野生の馬がたくさんいたため、その野生の馬を良い馬に改良して藩の産業にしていた。 その本物の馬につけていた名前が「三春駒」だった。

しかし、時代とともに野生の馬がいなくなり、高柴村でつくられていた『高柴木馬・高柴子育木馬』がいつの間にか『三春駒』と呼ばれるようになってしまい全国に広まった。三春藩のなごりで三春駒・三春張子人形と呼ばれるようになったのは昭和初期になってから。

この民芸品の発祥地は、郡山市にある高柴デコ屋敷である。 この発祥地のデコ屋敷で戦後以降、ただ一軒木彫りから作り続けているのは『彦治民芸(ひこじみんげい)』のみとなっている為、本物の三春駒はここでしか購入できない。

日本で最初の年賀切手に採用された民芸品(昭和29年・郷土民芸シリーズ)で、逓信総合博物館に寄贈されている。日本三大駒青森県の八幡馬、宮城県の木下駒、福島県の三春駒)のひとつとしても知られる。

切手に採用された三春駒を製作したのが高柴デコ屋敷「彦治民芸」の9代目当主 橋本彦治(はしもとけんじ)氏。 また、三春駒の白駒は昔からあったわけではなく、この橋本彦治(はしもとけんじ)氏が初めて制作し、地域に広まっていったのである。

伝説[編集]

田村麻呂将軍が8世紀奥州征伐の時、清水寺の僧・延鎮(円珍とも)が小さい駒の木像を100体作って贈ったところ、戦場で苦戦を強いられていたとき、どこからともなく100人の騎馬隊が現れて、敵を倒し、去っていった。その後、村人がそこで、汗びっしょりで頭を垂れた木彫の駒を見つけ、家に持ち帰った。清水寺の100体の木駒の話を知っていた近所の智者が残りの99体の駒を作って100体としたが、いつの間にかまた1匹が行方知れずになった。今の三春駒はその99匹の子孫たちであり、それで遊ぶと健やかに成長し、子供のない人は日に3粒の大豆をあげると子宝に恵まれると伝えられている、[1]

その他[編集]

  • 福島競馬場のゴール板の上には、三春駒が飾られている。
  • 江戸時代に三春地域で育成されていた馬のことを「三春駒」と呼んでいた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『旅の伝説玩具』万造寺竜著 (旅行界発行所, 1936)

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度27分38.2秒 東経140度27分23.2秒