三島☆ド根性ノ助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三島☆ド根性ノ助
基本情報
本名 三島 睦智
通称 浪速のスネークマン☆SHOW
ナニワの軽業師
ナニワのさすらいグラップラー
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1972年4月19日(42歳)
出身地 兵庫県尼崎市
所属 総合格闘技道場コブラ会
身長 170cm
体重 65kg
階級 ライト級
フェザー級
スタイル 柔道
テーマ曲 福岡市ゴジラ
テンプレートを表示

三島☆ド根性ノ助(みしま どこんじょうのすけ、男性、1972年4月19日 - )は、日本総合格闘家。本名は三島 睦智(みしま よしとみ)。兵庫県尼崎市出身。総合格闘技道場コブラ会主宰。元DEEPライト級王者、元DEEPフェザー級王者。

寝技が優れており、「福岡市ゴジラ」を入場曲とした入場パフォーマンスで知られる。リングネームについて記者から質問された際には「僕は根性が無いからリングネームをド根性ノ助にしたんですよ」と語っていた。総合格闘技だけでなく、テコンドーの試合経験もある。

来歴[編集]

1998年1月17日、修斗藤崎諭戦でプロ総合格闘技デビュー。

2000年8月27日、ブラジリアン柔術トップ黒帯のマーシオ・フェイトーザと互角に戦いドロー。三島の寝技、総合力の高さを全国に知らしめる。ちなみにこの試合でマーシオ・フェイトーザは日本初公開となるオモプラッタを繰り出している。

2001年8月26日には五味隆典と修斗世界ウェルター級王座決定戦で対戦予定であったが、自身の左脇腹の負傷で中止となった[1]

2002年5月11日、パンクラス興行でのアマチュア試合パンクラスゲートに本名の三島 睦智名義で出場。安藤雅生と対戦し、三角絞めで一本勝ち。試合出場が決定していた同門の花澤大介の負傷欠場を受けての代理出場となった[2]。この出場がきっかけで修斗とパンクラスの関係悪化が深まった[3]

2002年9月7日、DEEPに初出場でパンクラスの伊藤崇文に腕十字で秒殺勝利。前回のパンクラスゲートでの参戦の影響でこの試合は修斗vsパンクラスの看板をかけた因縁試合と化した。

2002年12月14日、五味隆典に挑戦するもTKO負けを喫し、王座獲得に失敗している。

2003年10月5日、PRIDEデビューとなるPRIDE 武士道ハウフ・グレイシーと対戦し、判定負け。

2004年7月19日、PRIDE 武士道 -其の四-マーカス・アウレリオと対戦し、判定勝ち。

2005年2月12日、DEEPにてDEEP初代ライト級王座を賭けTAISHOと対戦し、判定勝ちで王座を獲得した。11月9日にはREALRHYTHMで中尾受太郎と組んだタッグマッチにおいてハン・スーファンに4分53秒のKO負けを喫した(戦績には未掲載)。このダメージが元で翌年2月5日のDEEP 23で予定されていた防衛戦への出場が不可能になったため、DEEPライト級王座を返上した[4]

2006年11月18日、UFCデビューとなるUFC 65ジョー・スティーブンソンと対戦し、フロントチョークで敗れる。続いて参戦したUFC Fight Night 9でもケニー・フロリアンチョークスリーパーで一本負けし、UFCでは2連敗となった。

2007年5月、アブダビコンバット66kg未満級に出場。1回戦でヘナート・ミグリッチオに勝利したものの、2回戦でバレット・ヨシダに敗れた[5]

2008年5月19日、DEEP 35 IMPACTのDEEPフェザー級タイトルマッチで今成正和と対戦し、2-0の判定勝ちにより第2代DEEPフェザー級王者となった。

2009年8月23日、DEEP 43 IMPACTのDEEPフェザー級王座初防衛戦で大塚隆史と対戦し、0-5の判定負けで王座から陥落した。

2011年、ブラジリアン柔術黒帯を修得。

2011年10月15日、GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACKで山崎剛と対戦し、3-0の判定勝ちにより総合2年2か月ぶりの復帰戦を勝利で飾る。

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
29 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 3 7 10 0 2 0
7 2 3 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
山崎剛 5分2R終了 判定3-0 GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK 2011年10月15日
× 大塚隆史 5分3R終了 判定0-5 DEEP 43 IMPACT
【DEEPフェザー級タイトルマッチ】
2009年8月23日
北田俊亮 2R 2:51 TKO(バックマウントパンチ) DEEP PROTECT IMPACT 2008 2008年12月22日
今成正和 5分3R終了 判定2-0 DEEP 35 IMPACT
【DEEPフェザー級タイトルマッチ】
2008年5月19日
× ケニー・フロリアン 3R 3:57 チョークスリーパー UFC Fight Night 9 2007年4月5日
× ジョー・スティーブンソン 1R 2:07 フロントチョーク UFC 65: Bad Intentions 2006年11月18日
チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット 1R 4:04 アンクルホールド PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級トーナメント リザーブマッチ】
2005年9月25日
× イーブス・エドワーズ 1R 4:36 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の七- 2005年5月22日
TAISHO 5分3R終了 判定3-0 DEEP 18th IMPACT
【DEEPライト級王座決定戦】
2005年2月12日
マーカス・アウレリオ 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
ロバート・エマーソン 5分3R終了 判定3-0 DEEP 14th IMPACT
in OSAKA
2004年4月18日
× ハウフ・グレイシー 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 2003年10月5日
加藤鉄史 5分3R終了 判定2-0 DEEP 12th IMPACT
in OHTAKU
2003年9月15日
今成正和 2R 2:58 TKO(マウントパンチ) DEEP 11th IMPACT
in OSAKA
2003年7月13日
ファビオ・メロ 5分3R終了 判定3-0 DEEP 8th IMPACT
in KORAKUEN HALL
2003年3月4日
× 五味隆典 2R 0:51 TKO(パンチ連打) 修斗
【修斗世界ウェルター級チャンピオンシップ】
2002年12月14日
伊藤崇文 1R 0:53 腕ひしぎ十字固め DEEP2001 6th IMPACT
in ARIAKE COLOSSEUM
2002年9月7日
イラン・マスカレンニャス 2R 4:53 アキレス腱固め 修斗
"TREASURE HUNT 07"
2002年6月29日
ベン・トーマス 1R 3:07 KO(バックマウントパンチ) 修斗
プロフェッショナル修斗公式戦in神戸
2002年2月11日
雷暗暴 5分3R終了 判定2-0 修斗
"SHOOTO TO THE TOP -THE FINAL ACT-"
2001年12月16日
マーシオ・クロマド 2R 4:51 膝十字固め 修斗 R.E.A.D.
〜2000 SHOOTO〜"UM CAMINHO PARA O CAMPEAO"
チャンピオンへの道
2000年12月17日
トニー・デドルフ 1R 4:53 腕ひしぎ十字固め HOOKnSHOOT: Fusion 2000年11月18日
マーシオ・フェイトーザ 5分3R終了 判定1-0 修斗 R.E.A.D.
〜2000 SHOOTO〜"UM CAMINHO PARA O CAMPEAO"
チャンピオンへの道
2000年8月27日
ジャスティン・ウィスニエフスキー 1R 1:30 コブラ固め 修斗 R.E.A.D.
〜2000 SHOOTO〜"UM CAMINHO PARA O CAMPEAO"
チャンピオンへの道
2000年8月4日
× ディン・トーマス 2R 3:37 TKO(額カット) 修斗 R.E.A.D.
〜2000 SHOOTO〜"UM CAMINHO PARA O CAMPEAO"
チャンピオンへの道
2000年3月17日
阿部和也 5分2R終了 判定3-0 修斗
"the Renaxis 1999 in Osaka"
1999年10月29日
石川真 5分2R終了 判定3-0 修斗
"下北沢修斗劇場 第4弾 浪速からの挑戦状"
1999年8月4日
小谷ヒロキ 1R 4:00 チョークスリーパー 修斗
"下北沢修斗劇場 第3弾 Shooter's Passion"
1999年5月27日
藤崎諭 5分2R終了 判定1-1 修斗
"Las Grandes Viajes 1"
1998年1月17日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
安藤雅生 2R 2:22 三角絞め パンクラス "PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR" 『パンクラスゲート』
【ミドル級】
2002年5月11日
宇佐美文雄 2R 0:24 ヒールホールド 修斗 "浪速フリーファイト2"
【ウェルター級】
1997年12月7日
尾藤広光 判定59-38 修斗 "浪速フリーファイト1"
【ウェルター級】
1997年7月19日
松本光央 判定43-41 修斗 "大宮フリーファイト8"
【ミドル級】
1997年
長谷川秀明 2R 0:46 スリーパーホールド 修斗 "大宮フリーファイト4"
【ミドル級】
1996年


グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
世羅智茂 5分2R終了 判定3-0 DEMOLITION 2DAYS 〜day 1st MMA〜 -RAGE-
【CONTENDERS’∑ルール 73kg契約】
2011年7月17日
× バレット・ヨシダ 6:22 三角絞め アブダビコンバットクラブ
"ADCC 2007 - 第7回サブミッションファイティング世界選手権"
【66kg未満級 2回戦】
2007年5月5日
ヘナート・ミグリッチオ 本戦10分終了 判定 アブダビコンバットクラブ
"ADCC 2007 - 第7回サブミッションファイティング世界選手権"
【66kg未満級 1回戦】
2007年5月5日
宇野薫
雷暗暴
15分三本勝負(延長5分)
本戦15分(延長5分)終了 判定0-0
CONTENDERS-8 INFINITY
【CONTENDERS DOUBLESルール】
パートナー:植松直哉
2003年5月25日

柔術[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
林克芳 7:40 アンクルホールド プロ柔術 MATSURI -第3戦-「がんばろうニッポン!」
【アダルト黒帯73kg級】
2011年5月22日
火若津将軍 判定8-2 プロ柔術 MATSURI -第2戦-「関西オールスター」
【アダルト茶帯レーヴィ級】
2010年8月1日
鹿又智成 1:40 送り襟絞め プロ柔術関西「大阪夏の陣」
【アダルト紫帯レーヴィ級】
2005年6月11日
桑原幸一 判定2-0 プロフェッショナル柔術リーグ [〜GI um〜] 旗揚げ戦
【アダルト紫帯レーヴィ級】
2002年5月2日
中井祐樹 5分1R EXのため勝敗なし 修斗 SHOOTO GIG EAST Vol.8
【ブラジリアン柔術スペシャルエキシビションマッチ】
2002年2月28日
丹裕 判定12-0 カンペオナート・ジャポネーズ 決勝戦
【アダルト青帯レーヴイ級】(エントリー人数33名)
2001年11月11日
鹿又智成 判定P0-0 AD2-1 カンペオナート・ジャポネーズ 準決勝戦
【アダルト青帯レーヴイ級】(エントリー人数33名)
2001年11月11日
アキレス腱固め カンペオナート・ジャポネーズ 3回戦
【アダルト青帯レーヴイ級】(エントリー人数33名)
2001年11月11日
腕ひしぎ十字固め カンペオナート・ジャポネーズ 2回戦
【アダルト青帯レーヴイ級】(エントリー人数33名)
2001年11月11日
腕ひしぎ十字固め カンペオナート・ジャポネーズ 1回戦
【アダルト青帯レーヴイ級】(エントリー人数33名)
2001年11月11日
時澤 1:27 腰絞め コパ・パレストラ・ウエスト・ジャパン 決勝戦
【アダルト青帯レーヴイ級】
2001年05月03日
アキレス腱固め コパ・パレストラ・ウエスト・ジャパン 1回戦
【アダルト青帯レーヴイ級】
2001年05月03日

タッグマッチ[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ハン・スーファン
リー・ジョンホ
15分三本勝負
○ハン・スーファン
4:53 KO(左フック)
×三島☆ド根性ノ助
15分終了 判定0-1
REALRHYTHM 2nd STAGE
【日本vs韓国3対3全面対抗戦 タッグマッチ】
パートナー:中尾受太郎
2005年11月19日
宇野薫
雷暗暴
15分三本勝負(延長5分)
本戦15分(延長5分)終了 判定0-0
CONTENDERS-8 INFINITY
【CONTENDERS DOUBLESルール】
パートナー:植松直哉
2003年5月25日

エキシビションマッチ[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
岡嵜康悦 3分1R 摂南大学 学園祭 "摂大祭"
【師弟エキシビションマッチ】
2008年11月22日
池本誠知 4分1R CLUB DEEP 京都大会
【スペシャルエキシビションマッチ】
2008年8月30日
上山龍紀 5分2R W-カプセル
【エキシビションマッチ】
2006年6月11日
辻結花 5分1R REALRHYTHM
【エキシビションマッチ】
2005年3月6日
藪下めぐみ 5分1R SMACK GIRL「Next Cinderella Tournament & SG-F6」
【スペシャルエキシビションマッチ】
2004年2月1日
辻結花 5分1R club DEEP 5th
【エキシビションマッチ】
2003年12月7日
タクミ
植松直哉
番外exR "GRAPPLINGMAN 2 闘裸男 featuring SHOOTO ASSOCIATION"
【超スペシャルエキシビションハプニングマッチ】
パートナー:レッド・スレイヤー・ガイ
2003年6月1日
タクミ 3分1R "GRAPPLINGMAN 2 闘裸男 featuring SHOOTO ASSOCIATION"
【スペシャルエキシビションマッチ】
2003年6月1日
須田匡昇 5分1R GRAPPLINGMAN-闘裸男- (グラップリングマン トラオ)
【スペシャルエキシビションマッチ】
2002年6月2日
中井祐樹 5分1R 修斗 SHOOTO GIG EAST Vol.8
【ブラジリアン柔術スペシャルエキシビションマッチ】
2002年2月28日

プロレスリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ミノワマン
須田匡昇
○ミノワマン
7:41 ツイストアキレス腱固め
×木村参味夫
GLADIATOR 21
【U系プロレスリングルールダッグマッチ】
パートナー:木村参味夫
2011年8月6日
一宮章一
つぼ原人
泉州力
○橋本友彦
14:08 ジャーマン→体固め
×泉州力
サムライTV&DEEP事務局 "生ゴン1000回記念 サムライ祭り&SAEKI祭り2
【6人タッグマッチ】
パートナー:須田匡昇&橋本友彦
2005年1月9日
クラフターM 10:14 フェイスロック U-STYLE 12 2004年12月7日
× 田村潔司 11:05 アームロック U-STYLE 9
【初代チャンピオン決定トーナメント1回戦】
2004年8月7日
大久保一樹 8:30 変形アームバー U-STYLE 7
【大阪対東京対抗戦3対3 - 2戦目】
2004年3月13日
原学 7:02 コブラ固め U-STYLE 6 2004年2月4日
× スペル・デルフィン
えべっさん
○えべっさん
14:49 シャイニング・ウィザード→片エビ固め
×三島☆ド根性ノ助
DEEPファン感謝イベント 〜SAEKI祭り
【大阪プロレスvsDEEP】
パートナー:須田匡昇
2003年12月28日
上山龍紀 3:33 レッグロック U-STYLE 5 2003年12月9日
佐々木恭介 12:52 アンクルホールド U-STYLE 3 大阪大会 2003年6月29日
× 田村潔司 10:06 腕ひしぎ十字固め U-STYLE 旗揚げ第2戦 2003年4月6日

柔道[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
00:16 脇固め 第36回寝屋川市民体育大会 『柔道の部』
【団体戦 対電通大A 準決勝 次鋒戦】
2006年5月28日
竹澤選手 00:33 内股 第36回寝屋川市民体育大会 『柔道の部』
【団体戦 対同志社B 1回戦 次鋒戦】
2006年5月28日

テコンドー[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 中須賀真一 2分3R終了 判定3-8 日本テコンドー連盟T.K.D.
"TAEKWONDO GAME 2003 ~GRAND PRIX~"
【プロフェッショナル・テコンドーバウト チャンピオンクラス・スペシャルマッチ 80kg級】
2003年8月24日

シュートボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
嶋田昌洋 3分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2013
及川知浩引退イベント~完全相伝~
【SBルール70kg契約】
2013年12月23日


獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
N/A
初代DEEPライト級王者

2005年2月12日 - 2006年(返上)

空位
次タイトル獲得者
帯谷信弘
前王者
今成正和
第2代DEEPフェザー級王者

2008年5月19日 - 2009年8月23日

次王者
大塚隆史