三宅義行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三宅 義行 Weightlifting pictogram.svg
Yoshiyuki Miyake cropped.jpg
個人情報
フルネーム Yoshiyuki Miyake
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1945年9月30日(69歳)
出身地 宮城県柴田郡村田町
スポーツ
競技 ウェイトリフティング
種目 男子フェザー級
 
獲得メダル
日本の旗 日本
重量挙げ
オリンピック
1968 男子フェザー級
テンプレートを表示

三宅 義行(みやけ よしゆき、1945年(昭和20年)9月30日 - )は、日本の重量挙げ選手、陸上自衛官。1964年東京オリンピックメキシコシティオリンピックの重量挙げ金メダリスト三宅義信は実兄、ロンドンオリンピック重量挙げ銀メダリスト・三宅宏実は娘、全日本女子ヘッドコーチを務めた三宅敏博は次男。長男も競技経験者。

経歴[編集]

宮城県柴田郡村田町出身。法政大学卒業後、1968年(昭和43年)にはメキシコシティオリンピックで重量挙げフェザー級で銅メダルを獲得した。このとき、兄の義信は同じ種目で金メダルを獲得しており、兄弟で揃って表彰台に立つ姿が話題を呼んだ。オリンピックの個人種目において、同じ大会の同じ種目に兄弟で表彰台に立ったのは、日本ではこの一例だけである。

幹部自衛官として自衛隊体育学校に在籍しながら1969年(昭和44年)と1971年(昭和46年)には世界選手権で優勝するなど国際大会で活躍した。現役引退後は指導者として数多くの重量挙げ選手を育成し、日本重量挙げ界の発展に貢献する。2001年(平成13年)に、東部方面総監部勤務を最後に1等陸佐で退官した。

その後は三宅宏実のコーチとしてウエイトリフティングの指導にあたり、2012年のロンドンオリンピックで三宅宏実が銀メダルを獲得し親子でメダリストとなる。なお、2012年のロンドンオリンピックの際には、1968年にメキシコシティオリンピックで自らが獲得した銅メダルについても話題となったが、その所在については自宅に保管されていると思っていたものの発見されず一時不明の状態となっていたが、2012年8月17日に宮城県の「村田町歴史みらい館」に保管されていることが明らかとなった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 三宅父の「紛失メダル」発見!故郷にあった…重量挙げ”. スポーツ報知 (2012年8月18日). 2012年8月21日閲覧。

関連項目[編集]

  • BISTRO SMAP - 娘・宏実と共にロンドンオリンピック後に2012年8月13日に出演。この番組中では自らの銅メダルは家のどこかにあるという発言をしている。
  • 栗原あゆみ - 元女子プロレスラー。三宅自身が彼女の実家が経営する焼肉屋の常連であり、引退セレモニーで花束を渡した。
  • 兄弟スポーツ選手一覧

外部リンク[編集]