三十人政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三十人政権(さんじゅうにんせいけん、Thirty Tyrants)とは、ペロポネソス戦争に敗れたアテナイで成立した寡頭政の政権。三十人僭主(さんじゅうにんせんしゅ)とも。

およそ1年で崩壊した。メンバーには過激派の急先鋒クリティアス、穏健派のテラメネス英語版アポロドーロスの息子カリクレスなどがいた。

概要[編集]

紀元前404年、ペロポネソス戦争で敗れたアテナイでは、スパルタの強い影響のもとで、30人による親スパルタの寡頭政政権が成立した。政権成立の当初、行き過ぎた民主政がアテナイ敗因の原因だったと考えていたアテナイの貴族や富裕層はこの事態を期待すべきものと捉えた。しかし、まもなく三十人政権は恐怖政治を敷き、貴族、富裕層や対立勢力を次々と粛清して財産を奪い、仲間内でも穏健派のテラメネスを殺害した。そのため、この政権への失望と反発が強まり、翌紀元前403年トラシュブロス率いる民主政支持勢力との戦いによって打倒された。なお、ペイライエウス港をめぐる攻防戦で三十人政権のリーダー格のクリティアスが戦死した。こうして、再びアテナイは民主政へと回帰した。この時スパルタはパウサニアス王率いる軍を三十人政権の援軍として送ったが、(史家によって様々な理由付けがあるものの)彼はアテナイの民主派と寡頭派との争いの調停をし、間接的にしろ民主政の復活に協力した。内戦が収まった後、トラシュブロスは大恩赦を実施して際限のない報復戦を防止しようとした。

構成メンバー[編集]

三十人政権のメンバークセノポンギリシア史による)は以下のとおり。

ポリュカレス、クリティアス、メロビオス、ヒッポロコス、エウクレイデス、ヒエロン、ムネシロコス、クレモン、テラメネス、アレシアス、ディオクレス、パイドリアス、カイレレオス、アナイティオス、ペイソン、ソポクレス、エラトステネス、カリクレス、オノマクレス、テオグニス、アイスキネス、テオゲネス、クレオメデス、エラシストラトス、ペイドン、ドラコンティデス、エウマエス、アリストテレス、ヒッポマコス、ムネシテイデス

脚注[編集]

関連項目[編集]