三交南紀交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三交南紀交通株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:519-4325
三重県熊野市有馬町3724-1
設立 2000年7月3日
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役 竹谷賢一
資本金 5000万円
従業員数 54名
主要株主 三重交通グループホールディングス
テンプレートを表示

三交南紀交通(さんこうなんきこうつう)とは、三重県熊野市山崎町に本社を持つ一般乗合旅客自動車運送事業及び一般貸切旅客自動車運送事業を営む三重交通グループホールディングス傘下のバス事業者であった。2014年2月1日三重交通に吸収合併された。

概要[編集]

名古屋南紀高速バスと、熊野地区の自治体バスの受託運行を行っていた。一般バス路線も運行していていたが、2007年9月末に五郷線(三交南紀 - 湯の谷・桃崎)が廃止され、全廃となった。運行を受託していた自治体バスは、その廃止代替である。

沿革[編集]

消滅時の路線[編集]

名古屋南紀高速バス[編集]

名古屋 - 熊野市・三交南紀
名古屋 - 熊野市・新宮市・勝浦温泉
  • 運行本数: 1日1往復
  • 停車停留所
    名古屋(名鉄バスセンター) ⇔ 滝原宮前 - 柏崎 - 大内山 - 梅ヶ谷 - 紀伊長島(喫茶すずらん前) - 紀北町海山 - 三交海山 - 尾鷲市病院前 - 賀田口 - 小阪 - 熊野市駅前 - 三交南紀 - 阿田和駅前(国道沿い) - 紀宝町役場前(国道沿い) - 新宮市新宮信用金庫本店前) - 勝浦温泉(桟橋バスターミナル)
     ※滝原宮前 - 勝浦温泉間だけの利用はできない。
備考
  • 停留所は国道42号線沿いにある(名鉄BC、熊野市駅前、三交南紀、勝浦温泉を除く)。
  • 三交南紀と三交海山には高速バス利用者用の無料駐車場がある。
  • 安濃SA、三交海山、三交南紀で小休憩をとる。
  • 予約は不要だが、満席の場合は利用できない。
  • 南紀勝浦便は三交南紀にて、車両入替のため乗り換えになることがある。
  • 往復乗車券に割引運賃が設定されている(滝原宮前、柏崎、大内山、梅ヶ谷発着の往復券は無し)。事前購入が必要で有効期間は10日間。
  • 乗車券発売窓口
    • 三重交通各窓口: 名鉄バスセンター、三交海山、三交南紀、ほか
    • 三交旅行各窓口: 三交旅行熊野旅行センター、ほか
    • 委託発売所: 喫茶すずらん(紀伊長島)、ほか

消滅時の車両[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]