三井淳平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三井 淳平(みつい じゅんぺい、1987年[1] -)は、大学院生。世界で13人目、日本人としては初のレゴ認定プロビルダーに選ばれたことで知られる[2]

経歴[編集]

兵庫県明石市出身[3]灘高等学校出身であり、中学3年生頃からレゴに熱中していく[4]。高校3年生は大学受験のシーズンであるが、その秋にTVチャンピオンの「レゴブロック王選手権」に出場、デンマークで行われる決勝に進出し、準優勝を果たす[4]。直後には東京大学に合格する[4]。大学入学後は「レゴ部」を創設し、安田講堂や赤門など東京大学の建造物を作るほか[3]、個人作品として、中学3年生の時から6年4ヶ月をかけて制作していた1/40スケールの戦艦大和を完成させる[5]。そして、作品そのものはもとより、世界遺産のレゴ作品を使った募金活動や[3]、中高生を対象としたレゴの教育活動など[2]、レゴを通じたコミュニケーションも評価され[3]2011年7月には世界で13人目、日本人としては初のレゴ認定プロビルダーに選ばれた[2]

戦歴・表彰[編集]

作品[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 商品詳細(空間的思考法 世界が認めた、現役東京大学大学院生の頭の中!)”. メディアファクトリー. 2012年3月31日閲覧。
  2. ^ a b c d LEGO.comニュース レゴ、2011年7月11日(2011年8月2日閲覧)。
  3. ^ a b c d レゴビルダー:国内初のプロ 東大院生の三井淳平さん 毎日新聞社、2011年7月13日(2011年8月2日閲覧)。
  4. ^ a b c 三井淳平さん - 東大な人、2006年9月12日(2011年8月2日閲覧)。
  5. ^ a b 1/40戦艦大和(本人のサイト)、2011年8月2日閲覧。
  6. ^ 平成22年度第1回学生表彰「東京大学総長賞」受賞者一覧 (PDF) 、2011年8月2日閲覧。
  7. ^ ProjectD(本人のサイト)、2011年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]