三井住友海上グループホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三井住友海上グループホールディングス株式会社
Mitsui Sumitomo Insurance Group Holdings, Incorporated
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8725 2008年4月1日上場
大証1部(廃止) 8725 2008年4月1日上場
名証1部 8725 2008年4月1日上場
略称 MSIG(HD)、三住海上(GHD)
本社所在地 日本の旗 日本
104-8252
東京都中央区新川二丁目27番2号
東京住友ツインビルディング西館
設立 2008年平成20年)4月1日
業種 保険業
事業内容 保険持株会社(子会社の経営管理)
代表者 取締役社長 江頭敏明
資本金 1,000億円
経常利益 連結:▲130億44百万円
単独:346億93百万円(2009年3月期)
純利益 連結:81億92百万円
単独:346億89百万円
(2009年3月期)
純資産 連結:1兆0,230万21百万円
単独:7,650億74百万円
(2009年3月31日現在)
総資産 連結:7兆4,407万09百万円
単独:7,805億51百万円
(2009年3月31日現在)
従業員数 連結:21,336人 単独:48人
(2009年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4G) 5.94%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5.78%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 5.50%
主要子会社 #傘下会社を参照
外部リンク http://www.msig.com/
特記事項:合併前の会社概要
テンプレートを表示

三井住友海上グループホールディングス株式会社(みついすみともかいじょうグループホールディングス)は、三井住友海上火災保険株式移転により2008年4月1日に設立された保険持株会社

略称は、英文社名の頭文字から取ったMSIGが主に用いられるが、東証の上場銘柄としての略称は、三井住友フィナンシャルグループとの混同を避けるため、当社発足前に子会社の三井住友海上火災保険に使われていた三住海上を用いていた。

2010年4月1日、あいおい損害保険ニッセイ同和損害保険との経営統合により「MS&ADインシュアランスグループホールディングス」に商号変更した。

概要[編集]

三井住友海上火災保険株式会社が、経営管理の高度化・グループシナジーの追求、意思決定の迅速化、多様な事業体制・人事体制度を通じた人材育成を目的として、持株会社体制に移行することを、2007年8月22日に発表。2008年1月31日に開催された三井住友海上火災保険の臨時株主総会で、単独株式移転を行うことが承認され、4月1日に持株会社として、三井住友海上グループホールディングス株式会社が設立された。

単独株式移転のため、設立した時点では三井住友海上のみが直接の子会社であったが、三井住友海上が保有していた三井住友海上きらめき生命保険三井住友海上メットライフ生命保険三井ダイレクト損害保険の3社の株式を移転させ、直接の子会社に加えた[1]

2008年12月29日以降、あいおい損害保険ニッセイ同和損害保険との経営統合を検討しているとの報道がなされていたが[2]、2009年1月23日に、2010年4月の経営統合を正式発表[3]。三井住友海上グループホールディングス株式会社が、あいおい損害保険とニッセイ同和損害保険両社との間で株式交換を実施して、両社を傘下におさめると同時に、MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社に商号変更した。この経営統合により、最大手企業である東京海上ホールディングスを抜いて、日本最大の損害保険会社が誕生した。

沿革[編集]

  • 2007年平成19年)8月22日 - 三井住友海上火災保険が持株会社の設立を発表[4]
  • 2008年平成20年)1月31日 - 三井住友海上火災保険の臨時株主総会において、株式移転を決議。
  • 2008年平成20年)4月1日 - 三井住友海上グループホールディングス株式会社設立。東京大阪名古屋証券取引所の各1部に上場。
  • 2010年平成22年)4月1日 - 三井住友海上グループホールディングス株式会社が、株式交換により、あいおい損害保険株式会社とニッセイ同和損害保険株式会社を完全子会社化し、MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社に商号変更。

傘下会社[編集]

直接の子会社[編集]

孫会社等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]