万願寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
万願寺駅
駅全景(2007年1月)
駅全景(2007年1月)
まんがんじ - Manganji
甲州街道 (1.3km)
(1.2km) 高幡不動
所在地 東京都日野市万願寺
所属事業者 多摩都市モノレール
所属路線 多摩都市モノレール線
キロ程 9.3km(上北台起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,463人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 2000年平成12年)1月10日
駅入口(2007年8月27日)
万願寺駅で記念撮影

万願寺駅(まんがんじえき)は、東京都日野市万願寺にある多摩都市モノレールである。国道20号日野バイパス東京都道503号立川相模原線交点の北寄りの都道上にある。

新選組副長として活躍した土方歳三の生家や墓所である愛宕山石田寺(あたごさんせきでんじ)への最寄り駅である。このため、ホーム支柱にも「土方歳三生誕の地」との表記が見られる。

駅構造[編集]

対向式ホーム2面2線の高架駅である。

自動券売機を2台備えているが、駅係員は常駐していない(日中に駐在している事もあり)。係員に問い合わせをしたい場合はインターホンで南隣の高幡不動駅から対応する。エスカレーターエレベーター設置。売店は営業していたが、2012年4月に閉店となった。

のりば[編集]

1 多摩モノレール線 立川南立川北玉川上水上北台方面
2 多摩モノレール線 高幡不動多摩センター方面

利用状況[編集]

2010年度の1日平均乗車人員は3,463人である。東京都立日野高等学校の生徒や、中央線・京王線沿線への通勤通学客が多い。また1駅100円であることから、南隣の高幡不動駅までの利用が比較的多い。

開業以来の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 多摩都市
モノレール
出典
1999年 1,451 [1]
2000年 1,716 [2]
2001年 2,156 [2]
2002年 2,410 [2]
2003年 2,752 [2]
2004年 2,953 [2]
2005年 2,984 [2]
2006年 3,170 [2]
2007年 3,373 [2]
2008年 3,382 [2]
2009年 3,402 [2]
2010年 3,463 [2]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

万願寺駅

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

駅付近一帯の土地区画整理事業が万願寺土地区画整理事業ということから、この名称となった。その由来ともなった「万願寺」は現存しておらず、古文書には大きな寺であったと書かれているものの、所在地は不明である。

隣の駅[編集]

多摩都市モノレール
多摩都市モノレール線
甲州街道駅 - 万願寺駅 - 高幡不動駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]