万隆駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
万隆駅
ホーム
ホーム
萬隆
ワンロン - Wanlong
所在地 台北市文山区羅斯福路五段214号
所属事業者 台北大衆捷運股份有限公司
台北捷運
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
開業年月日 1999年11月11日
乗入路線 1 路線
所属路線 新店線緑線
駅番号 G6
◄(G7)公館
景美(G5)►
台鉄 万隆駅 (廃止)
萬隆
ワンロン - Wanlong
公館 (1.3km)
(0.7km) 製缶会社前
所在地 台北市文山区
所属事業者 台湾鉄路管理局台湾鉄路管理局
等級 簡易駅
種別 廃駅
旧名 十五分
所属路線 新店線廃線
キロ程 5.8km(万華起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1921年3月25日
廃止年月日 1965年3月24日
万隆駅
各種表記
繁体字 萬隆站
簡体字 万隆站
拼音 Wànlóng Zhàn
通用拼音 Wànlóng Jhàn
発音: ワンロン ヂャン
日本語漢音読み まんりゅうえき
英文 Wanlong Station
テンプレートを表示

万隆駅(まんりゅうえき)は、台湾台北市文山区にある台北捷運新店線捷運駅番号は(G6)である。かつて台湾鉄路管理局新店線(現在は廃線)の同名の駅も同地にあった。

概要[編集]

当駅は羅斯福路の下方、景明街口北側にあり、万隆街口に近い。駅名は、所在地と台湾鉄路管理局新店線の駅名である萬隆から採られた。

利用可能な鉄道路線[編集]

駅構造[編集]

駅階層[編集]

地面 出入口 出入口
地下
一階
コンコース コンコース、案内所、自動券売機、トイレ(駅改札外)
地下
二階
1番線 新店線淡水線淡水方面へ公館駅
島式ホーム、車両左側のドアが開閉する
2番線 新店線新店方面へ景美駅

駅出口[編集]

  • 出口1:万隆街(羅斯福路西側、羅斯福路五段236巷口)
  • 出口2:景隆街(羅斯福路東側、羅斯福路五段269巷口)
  • 出口3:武功国小(羅斯福路東側、羅斯福路五段211巷口)
  • 出口4:萬和公園(羅斯福路西側、羅斯福路五段218巷口)バリアフリー対応エレベータ

利用状況[編集]

当駅は捷運の駅以外にも、北新路に「捷運万隆駅」「武功国小」のバス停、興隆路には「武功国小」のバス停があり、多くのバスが走っている。

駅周辺[編集]

  • 武功国小
  • 台北市立図書館景美分館
  • 養護工程處(本駅と景美駅の間)
  • 溪口国小
  • 文山国中

歴史[編集]

台鉄万隆駅[編集]

  • 1921年3月25日 - 臺北鐵道新店線の公館-新店間が延伸開業に伴い、十五分乘降場が開設される。
  • 当時は当駅から景隆街、興隆路を通り、現在の行政院海巡署まで石炭を運んでいた。駅付近には貯炭場があった。
  • 戦後、台湾鉄路管理局新店線となり、十五分駅万隆駅と改名される。
  • 1965年3月24日 - 台湾鉄路管理局新店線の廃止により、当駅も廃止される。駅は現在の北平路、景隆街一帯にあった。

画像[編集]

台北捷運万隆駅[編集]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
新店線(廃線)
公館駅 - 万隆駅 - 製缶会社前駅
台北捷運
新店線
公館駅 (G7) - 万隆駅 (G6) - 景美駅 (G5)

外部リンク[編集]