万葉植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

万葉植物園(まんようしょくぶつえん)は植物園の一種で『万葉集』に収録されるに詠まれる植物を植栽し観賞を主なる目的とする。

概要[編集]

万葉集の歌は4500首以上あり、詠まれる草木は150種におよぶと言われる[1]。また一説には1500首以上で約170種が詠まれるとも言われる[2][3]。 詠まれる草木は頻度の多いものでハギ141首、ウメ118首、コウゾおよび「ヌバタマ」[4]がそれぞれが81首など、またカタクリシキミなど僅か1首しか詠まれないものもあると言われる[5]

万葉植物園はこれらに草木を植栽し一般の者への観賞に供する事を目的に主に地方公共団体社寺が維持運営している。

多くの植物園では植物の和名の呼称と共に詠まれた歌を掲示しており、観賞や観察し当時の詠み人を偲ぶことができる。万葉植物園は日本の各地にあり 宮城県黒川郡大衡村の「昭和万葉の森」のような総面積23ヘクタールにおよぶものもある[6]。多くの場所は一般公開され100種から150種程度の草木を季節を問わず観ることができる。春日大社の「萬葉植物園」が日本で最初のものである[7]

一覧[編集]

この一覧は万葉植物園の名称でなくとも、歌に詠まれる植物を集めて植栽する公園なども含めて挙げる

北海道・東北[編集]

関東[編集]

中部[編集]

近畿[編集]

1932年(昭和7年)開園、日本最初[7][9]

中国・四国[編集]

九州・沖縄[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野崎茂太郎著「忘れられた花」より、出版地:豊中、馬酔木燕巣会、1993.9”. 2009年8月1日閲覧。
  2. ^ 万葉植物園”. 2009年8月1日閲覧。
  3. ^ 紀伊風土記の丘万葉植物園、万葉植物園・植物検索”. 2009年8月1日閲覧。
  4. ^ 檜扇の形をして「ヒオウギ」と呼ばれる木の実
  5. ^ 昭和万葉の森、万葉集と植物・草花”. 宮城県黒川郡くろかわ商工会. 2009年8月2日閲覧。
  6. ^ a b 「大衡村長の声」、昭和万葉の森”. 中小企業基盤整備機構. 2009年8月1日閲覧。
  7. ^ a b 萬葉集に詠まれた植物を植栽する植物園”. 春日大社. 2009年8月5日閲覧。
  8. ^ 詠われる約90種の植物などを植栽”. 南足柄市. 2009年12月18日閲覧。
  9. ^ 春日大社神苑 萬葉植物園 (PDF)”. 春日大社. 2009年8月5日閲覧。