万能のドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

万能のドルAlmighty dollar)とは、物質的な富をあたかも神のごとく思ってしまう固定観念を風刺するためにしばしば用いられる慣用句である。

この言葉は米国人ワシントン・アーヴィングが1836年11月発行の雑誌『ニッカーボッカー』において執筆した『クレオール村 The Creole Village』において最初に登場したと一般的に言われており、それは次のようなものである。

万能のドルというのは、我が国においてはあまねく信仰の対象となっているが、この独特な村々においては(万能のドルの)生粋の信者などというのはいないようだ。(万能のドルの教義の)宣教師がこの村々に入り込んだりしなければ、また銀行や他の敬虔な神殿を立てたりしなければこの村の住民がこのまま貧しくとも満ち足りた状態でいつまでいられるかについて、知るすべはない。

初代リットン男爵エドワード・ブルワー=リットンはこの言葉を用いて、1871年出版の小説『来たるべき民族 The Coming Race』において、万能のドルの追求と記している。

また「万能のドル」(en:The Almighty Dollar)は、オジー・オズボーンの2007年のアルバムBlack Rainに収録されている楽曲のタイトルともなっている。この歌では、金と強欲によって人々は地球温暖化環境汚染の問題に気づかなくなっており、地球を破壊している、としている。

関連項目[編集]