万イク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「万彧」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

万 彧(ばん いく、? - 272年)は、中国三国時代の政治家。に仕えた。『三国志』呉志「三嗣主伝」と、その他各伝に分散して記述がある。

生涯[編集]

はじめ、呉郡の鳥程県令であった。このとき孫皓と仲良くなったという。孫休の死後、皇太后の朱夫人や張布濮陽興が孫休の遺言に従い、その遺児を擁立しようとしたが、左典軍であった万彧は幼少であることを理由として強硬に反対し、丁奉の賛成を取り付け、孫皓の即位を実現させた(濮陽興伝)。孫皓即位後、王蕃・郭逴・楼玄と共に常侍となった。成り上がり者であったため、清廉なことで知られていた王蕃から軽蔑されているのではと、疑っていたという(王蕃伝)。

濮陽興と張布らを孫皓に讒言し失脚させた。(「濮陽興伝」)。その後、右丞相となり、267年に巴丘の守備を任されるなど、孫皓から重用された。宮中の責任者として適任な人物像について孫皓に助言し、楼玄を任用させている(「楼玄伝」)。成り上がり者であったため多くの人に軽侮されており、陸凱から孫皓の政治を痛烈に批判する上疏をされた時、その中で身分の卑しい小人と断じられている。270年には建業に戻っている。

272年、孫皓から譴責されたため、これにショックを受けて憤死した。『江表伝』では、271年に孫皓が一族を引き連れ、突然華里に赴いたことを家臣が慌てて連れ戻した事件が起きた時、丁奉や留平とともに孫皓を見限るような発言をした。それを聞いた孫皓は万彧達を憎むようになり、後日、留平と共に毒酒を飲ませ殺害しようとした。万彧は、毒盛りの下手人が毒の量を減らしていたため死ななかったものの、この処遇にショックを受け自殺してしまった、と伝えている。子や弟は広陵に強制移住となった。

小説『三国志演義』では、孫皓に諫言したが聞き入れられず、逆に怒りを買い殺された臣下の一人として、名が挙がるのみである。