七輿山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
七輿山古墳
Nanakoshiyama kohun aerial.jpg
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
位置 北緯36度15分41秒
東経139度2分22秒
所在地 群馬県藤岡市上落合
形状 前方後円墳
規模 全長145m、高さ16m
築造年代 古墳時代中期(6世紀前半)
出土品 円筒・人物・馬など各種埴輪
史跡指定 国(昭和2年6月14日)
テンプレートを表示

七輿山古墳(ななこしやまこふん)は、群馬県藤岡市上落合に所在する古墳時代中期、6世紀前半に築造されたと見られる古墳前方後円墳)で、6世紀代の古墳としては東日本最大級である。白石古墳群の1つ。

利根川水系鏑川とその支流・鮎川に形成された舌状の河岸段丘上に三段築成で造られ、大きさは全長145メートル、後円部直径87メートル、前方部幅106メートル、前方部と後円部の高さはともに16メートル。中提帯や外提帯と呼ばれる土手状の堤があって二重の周溝がめぐり、前方部の前面にあたる西側では「コ」の字状にめぐる三重目の溝も発見されている。提帯には葺石埴輪列が確認されている。出土遺物は円筒・朝顔型円筒・人物・馬・盾など各種埴輪類、須恵器土師器があり、特に円筒埴輪は7条突帯のある直径50センチメートル、高さ1メートルを越す大型品で、貼付口縁と低位置突帯の特徴がある。

名称の由来[編集]

本古墳からほど近い群馬県高崎市吉井町池字御門にある日本三大古碑の1つ、多胡碑に「羊」と記されている人物と同一とされる多胡羊太夫の伝説に基づく。

奈良時代多胡郡郡司となった羊太夫は、のちに謀反を図っているとして朝廷から討伐軍を差し向けられ、居城の八束城から逃れた羊太夫の一族が落ち合った場所が「落合」という地名になり、羊太夫の妻女ら7人がここで自害し、それぞれ輿に乗せて葬ったので「七輿山」という名前になったという。

なお、多胡碑に記される多胡郡郡司の任命は8世紀初頭のことで、古墳築造推定年代の6世紀前半とは合致しない。

外部リンク[編集]