七河迦南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
七河迦南
(ななかわ かなん)
誕生 東京都
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学
活動期間 2008年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 鮎川哲也賞(2008年)
処女作 『七つの海を照らす星』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

七河 迦南(ななかわ かなん)は日本の小説家推理作家東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。2008年、連作短編集『七つの海を照らす星』で東京創元社主催の第18回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。

児童養護施設「七海学園」を舞台にしたデビュー作に続くシリーズ第2作の『アルバトロスは羽ばたかない』は、原書房『本格ミステリ・ベスト10』で第5位、宝島社『このミステリーがすごい!』で第9位にランクインした。

デビュー以前に、光文社文庫の公募アンソロジー『新・本格推理』に短編が2度掲載されている。

略歴[編集]

2006年、東京創元社が主催する第3回ミステリーズ!新人賞(2006年3月末日締切)に短編「その漆黒の翼」を投稿し2次選考通過(最終候補)。この年の2次通過は7名だったが、そのうち受賞者の秋梨惟喬滝田務雄以外にも、沢村浩輔南園律がのちにデビューしており、レベルの高い作品がそろった年だった。翌年の第4回ミステリーズ!新人賞(2007年3月末日締切)では、短編「夏の幻の少女」が1次選考通過。この作品を「夏期転住」として織り込んだ連作短編『七つの海を照らす星』で第18回鮎川哲也賞(2007年10月末日締切)を受賞し、2008年10月デビュー。

小学生のときに読んだガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』がミステリにのめり込むきっかけになった。創元推理文庫を中心に、S・S・ヴァン・ダインエラリー・クイーンなどを読みあさったが、特にジョン・ディクスン・カーの存在は大きく『三つの棺』には大きな影響を受けているという。日本の作品では、中井英夫虚無への供物』、若竹七海『ぼくのミステリな日常』、芦辺拓殺人喜劇の13人』を影響を受けた作品として挙げている[1]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 七つの海を照らす星(2008年10月 東京創元社 / 2013年5月 創元推理文庫
    • 収録作品:今は亡き星の光も / 滅びの指輪 / 血文字の短冊 / 夏期転住 / 裏庭 / 暗闇の天使 / 七つの海を照らす星
  • アルバトロスは羽ばたかない(2010年7月 東京創元社) - 「七つの海を照らす星」続編
  • 空耳の森(2012年10月 東京創元社ミステリ・フロンティア
    • 収録作品:冷たいホットライン / アイランド / It's only love / 悲しみの子 / さよならシンデレラ / 桜前線 / 晴れたらいいな、あるいは九時だと遅すぎる(かもしれない)/ 発音されない文字 / 空耳の森

アンソロジー[編集]

「」内が七河迦南の作品

  • 新・本格推理06 不完全殺人事件(2006年3月 光文社文庫)「あやかしの家」
  • 新・本格推理07 Qの悲劇(2007年3月 光文社文庫)「暗黒の海を漂う黄金の林檎」
  • ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑 2013(2013年4月 講談社)「悲しみの子」
  • ベスト本格ミステリ2013(2013年6月 講談社ノベルス)「コンチェルト・コンチェルティーノ」

雑誌掲載短編[編集]

  • おとめのカウントダウン (『小説すばる』2011年10月号)
  • コンチェルト・コンチェルティーノ (『メフィスト』2012 Vol.3)

脚注[編集]

  1. ^ 「話題のニューパワー 七河迦南」(メールインタビュー、『活字倶楽部』2011年冬号(2011年1月、雑草社))

外部リンク[編集]