七曲古窯址群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

地理院地図 Googleマップ 七曲古窯址群

A群 1号窯
焼成時に茶碗などを置く焼台列が見える

七曲古窯址群(ななまがりこようあとぐん)は愛知県知多市にある遺跡である。

概要[編集]

知多半島には現在までに存在が確認されただけでも1,000基を越える古窯跡があり、知多半島古窯跡群とも呼称される。七曲古窯址群はその一つで、地元では昭和30年代には存在が確認されていたとされる中世の窖窯跡だが、七曲公園1986年開園)の予定地にあったため、公園の造成に際して発掘調査が行われた。1986~88年の3回の調査ではA・B・Cの3群14基が確認され、それらの中で状態の良かった2基に上屋がかけられて保存されている。1991年平成3年)には知多市史跡に指定された。

なお、後になってD~G群が追加されたが、これらについては発掘などが行われておらず、正確な数も確認されていない。

窯体データ[編集]

A群 3号窯
窯体の中に立っているのが分焔柱

A群[編集]

A群1号窯[編集]

12世紀の窯とされ、燃焼室の分焔柱をはじめとして、焼成室の床面の焼台列など床面や側壁、天井部の多くが良好に残存していたことから保存されている。山茶碗、山皿などが出土。

A群2号窯[編集]

残存長約7メートル。甕、広口壺、片口鉢、山茶碗などが出土。

A群3号窯[編集]

全長16メートル、幅3.5メートル。天井部は落ちていたが、焚口から燃焼室、分焔柱、焼成室、さらには煙道までが残存していたことから保存されている。13世紀の窯で、瓶や壷を焼いていたと見られている。甕、壺、山茶碗などが出土。

A群4号窯[編集]

残存長13.5メートル。甕、壺、羽釜が出土。

A群5号窯[編集]

残存長約8メートル。山茶碗、山皿、鉢が出土。

A群6号窯[編集]

残存長不明。片口鉢、山茶碗,山皿が出土。

A群7号窯[編集]

残存長10.4メートル。出土品無し、未使用のまま放棄された窯。

A群については保存された1・3号以外は公園の造成に伴い消失した。

B群[編集]

B群1号窯[編集]

残存長15.4メートル。甕,片口鉢、山茶碗が出土。

B群2号窯[編集]

残存長7.9メートル。片口鉢、山茶碗、山皿が出土。

B群3号窯[編集]

残存長2.9メートル。山皿、山茶碗、片口鉢が出土。

B群は調査後に埋め戻されたが、現存するかは不明。

C群[編集]

C群1号窯[編集]

残存長10メートル。片口鉢、広口壺、陶錘が出土。盗掘による破壊の跡があった。

C群2号窯[編集]

残存長14.9メートル。片口鉢、広口壺が出土。

C群3号窯[編集]

残存長2.1メートル。山茶碗、山皿が出土。

C群4号窯[編集]

残存長4.7メートル。山茶碗が出土。

C群は公園の造成に伴い全て消失した。

D群[編集]

未調査。埋め立てにより所在不明となった。甕が出土したとされる。

E群[編集]

未調査。テニスコート西の雑木林に複数の窯体と灰原が残存。山茶碗が出土。盗掘坑あり。

F群[編集]

未調査。駐車場西の雑木林に窯体が露出。灰原一部残存の可能性あり。甕が出土。

G群[編集]

未調査。A群3号窯の北側に窯体1基が露出、山茶碗・鉢が出土。その他にも複数が残存する可能性あり。

参考文献[編集]

  • 『七曲古窯址群 第一次発掘調査(知多市文化財資料 第24集)』-知多市教育委員会・編、1987年
  • 『七曲古窯址群 第二次発掘調査(知多市文化財資料 第26集)』-知多市教育委員会・編、1988年
  • 『七曲古窯址群 第三次発掘調査(知多市文化財資料 第29集)』-知多市教育委員会・編、1989年
  • 『愛知県 知多半島遺跡詳細分布調査 報告書』- 愛知県教育委員会・編、1999年

関連項目[編集]