七卿落ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

七卿落ち(しちきょうおち)は、1863年(文久3年)の八月十八日の政変において、7人の公家京都から追放された事件。

概要[編集]

1863年(文久3年)、薩摩藩会津藩などの公武合体派が画策した八月十八日の政変で失脚した尊王攘夷派の7人の公家が京都を追放され、長州藩へと落ち延びた。なお、7名のうち、公卿の列にあるのは、三条実美と三条西季知の両名だけであることから、二卿五朝臣といった言い方もある。同月24日には、彼らの官位が剥奪され、さらに、同年9月9日、彼らの諱はそれぞれ、( )内に改めさせられる。三条実美(実)、三条西季知(知)、四条隆謌(謌)、東久世通禧(通)、壬生基修(修)、錦小路頼徳(頼)、澤宣嘉(宣)。この7名は長州藩兵に付き添われて洛東にある妙法院に集結した後、兵庫津を経て、海路で長州藩の三田尻港(現・山口県防府市)を目指した。途上悪天候のため、3隻のうち2隻が徳山藩徳山港(現・山口県周南市)に上陸し、ここから陸路、三田尻に向かった。

その後、錦小路頼徳は1864年(元治元年)に病没、澤宣嘉は生野の変で挙兵したのちに脱出して四国伊予小松藩周辺に匿われた後、長州に脱出、残る五卿は第一次長州征伐の後に筑前国太宰府(現・福岡県太宰府市)に移された。1867年(慶応3年)12月、王政復古の大号令の前夜、朝議にて赦免され、官位や諱が復されると、澤宣嘉は外務卿、三条実美は太政大臣内大臣、三条季知は参与神宮祭主、東久世道禧は枢密院副議長や貴族院副議長となるなど、それぞれ明治政府の要職に就いた。

史跡・記念碑など[編集]

御手洗七卿落遺跡(広島県呉市)
徳山港にある五卿登陸碑(山口県周南市)

広島県呉市大崎下島御手洗地区には、長州に落ち延びる際に5人の公卿が立ち寄ったとされる屋敷が御手洗七卿落遺跡として残っている他、徳山港には、1913年(大正2年)に建てられた「五卿登陸處」碑(本来は上陸地に近い東浜崎に建てられていたが、現在は周南市晴海埠頭の親水公園に移築)がある。また、三条実美らが明治維新まで3年に渡って留め置かれた太宰府天満宮延寿王院は、現在社家の邸宅となっている。

追放された公家たち[編集]

関連項目[編集]