丁楊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif 丁 楊
Yang DING
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: 中華人民共和国の旗 中国
生年月日: 1984年5月10日(30歳)
出生地: ハルビン
身長: 158 cm
元パートナー: 任重非
元コーチ: 欒波
元振付師: 欒波
所属クラブ: ハルビンSC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 147.08 2003 スケートカナダ
ショートプログラム: 51.16 2003 スケートカナダ
フリースケーティング: 97.36 2004 中国杯

丁 楊(てい よう、ラテン文字:Yang Ding1984年5月10日 - )は、中華人民共和国黒竜江省ハルビン出身の女性フィギュアスケート選手。2003年世界ジュニア選手権2位、2002年JGPファイナル優勝。パートナーは任重非

経歴[編集]

ハルビンに生まれ、5歳のころにスケートを始めた。主要な国際大会への出場は1999-2000年シーズンの世界ジュニア選手権であった。このときは11位に終わったが、翌2000-2001年シーズンよりISUジュニアグランプリに参戦。2大会連続で表彰台に上り、JGPファイナルへ進出。2001-2002年シーズン、JGPファイナルで3位、世界ジュニア選手権でも3位となり、シニアクラスの2002年四大陸選手権にも出場を果たす。翌2002-2003年シーズンはISUジュニアグランプリで圧倒的な強さを誇り、2大会で連続優勝、JGPファイナルをも制した。優勝候補として出場した世界ジュニア選手権では、同じ中国の張丹&張昊組に敗れ2位に終わる。

2003-2004年シーズンからシニアに転向し、ISUグランプリシリーズに参戦したが、ジュニア時代のような強さを発揮することはなく表彰台に上ることもなかった。2005-2006年シーズンを最後に競技会から事実上の引退。

主な戦績[編集]

大会/年 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05
四大陸選手権 8 6
中国選手権 4 2 3 1
GPスケートアメリカ 4
GP中国杯 8 4
GPスケートカナダ 8
GPNHK杯 7
ユニバーシアード 4
世界Jr.選手権 11 6 3 2
JGPファイナル 5 3 1
GPモントリオール 1
JGPアリゾナ 1
JGPトラパネーゼ杯 3
JGPサルコウ杯 2
JGPバルト杯 2
JGPハルビン 2

詳細[編集]

2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年12月9日-11日 2004全国花様滑冰錦標賽北京 1 1 1
2004年11月10日-14日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 5
48.9
4
97.36
4
146.26
2004年10月21日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカピッツバーグ 6
47.98
5
91.44
4
139.42


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年2月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン 6 6 6
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 8
41.72
6
85.72
7
127.44
2003年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
48.28
8
78.09
8
126.37
2003年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 8
51.16
8
95.92
8
147.08


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年2月24日-3月2日 2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オストラヴァ 3 2 2
2002年12月12日-15日 2002/2003 ISUジュニアグランプリファイナルハーグ 6 1 1
2002年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール 1 1 1
2002年9月19日-22日 ISUジュニアグランプリ アリゾナスコッツデール 1 1 1

外部リンク[編集]