一面せん断試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一面せん断試験とは、土の強度を求めるためのせん断試験の一種である。

方法[編集]

上下に分かれたせん断箱に土供試体を納め、垂直方向に載荷した状態で、上箱または下箱に水平方向の力(せん断力)を加える。このとき、試料に生ずる抵抗力を測定して、土のせん断強さおよびせん断応力とせん断変位の関係を求める。

土のせん断抵抗はクーロンの公式によって以下のように表される。 \sigma は垂直応力であり、実験により粘着力 C と内部摩擦角 \phi が求められる。

\tau = C + \sigma \tan \phi

特徴[編集]

  • 比較的簡単な試験である。
  • 試料の量が少量で済む。

問題点[編集]

  • 非排水せん断試験が事実上不可能である。


関連項目[編集]