一条信龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一条 信龍
時代 戦国時代
生誕 天文8年(1539年)?
死没 天正10年3月10日1582年4月2日
別名 上野介、右衛門大夫(通称)、信隆、信竜(別名)
幕府 室町幕府
主君 武田信玄勝頼
氏族 武田氏一条氏
父母 父:武田信虎
兄弟 武田竹松武田信玄武田犬千代武田信繁武田信友(信友?)、武田信廉松尾信是武田宗智河窪信実信龍武田信友?、その他女子数名
信就武田信貞、女子(三宅正次室)

一条 信龍(いちじょう のぶたつ)は、戦国時代武将甲斐武田家当主・武田信虎の8男(9男とする説もある[1])。武田信玄の異母弟。武田二十四将の1人。

生涯[編集]

信虎の末子とされる[1]。系図類では河窪信実の弟とされているが、天正10年(1582年)に信龍の子・信就が右衛門大夫の官途を称し、信実の子・河窪信俊が新十郎の仮名しか称していないため、信龍の方が実は年長ではないかとも推定されている[1]

甲斐国市川郷上野城主。甲斐源氏武田信義の二男・忠頼を祖とする一条家の名跡を継承する。親族衆として騎馬200騎(100騎とも)相備え組衆は依跡10騎、大津10騎を有し、本願寺及び松永久秀等畿内勢力との外交を担当した[1]。信玄の遺言により勝頼の後見人となる。

戦闘時には、主に後衛を担当していたためか武名は伝わっていないが、『甲陽軍鑑』では、山県昌景馬場信春など重鎮7人の武将のうちに数えられている[1]。信玄の駿河侵攻後、駿河田中城代を務めた[1]。天正3年(1575年)の長篠の戦いにも参戦し、『甲陽軍鑑』によると佐久間勢に攻撃を加えて二重の柵を破るまでの活躍を見せ、敗走する友軍の中で馬場信春勢と戦場に留まり、勝頼の戦線離脱を見極めた後で退却している。後に田中城代を子の信就に譲り、武田信堯信友の子)とともに駿府城代に転じたという[1]

天正10年(1582年)の織田信長による甲州崩れでは、2月に徳川軍の駿河侵攻を受け、3月2日に駿河を撤退して上野城に戻るが[1]、同方面より侵攻した徳川家康の三河勢に上野城を包囲され、3月10日、三河勢1万に対し手勢3百で突撃して信就と共に討死にした[2][1]。『信長公記』によると、天正10年(1582年)3月7日に武田信廉と共に斬首されたとあるが、これは兄の武田信基(上野介信友)の誤りとされる。ただし、信龍と信就は甲州崩れでは別行動を取っており、斬首されたのは信就の誤りとする説も存在する(黒田基樹説)。

人物像[編集]

資料や記録に乏しい人物だが、『甲陽軍鑑』では、山県昌景の発言として「一条殿は、馬鞍武具等、これほど忙しくともいつも新しく、しかも諸国の良い浪人を集めている」と言う評が伝わっている。また「伊達者にして花麗を好む性質なり」との評も伝わる。武田信玄が軍事面において、典厩信繁と大夫信龍を尤も信頼していたという記述がある。

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 柴辻俊六 著『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.40
  2. ^ 笹本正治 著『武田信玄』ミネルヴァ書房、2005年、p.117

参考文献[編集]

書籍
史料

外部リンク[編集]